コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遵行状 じゅんぎょうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遵行状
じゅんぎょうじょう

武家文書。特に室町時代守護守護代が上の命令を下に取次ぐ際に発する伝達命令の文書。将軍の御教書 (みぎょうしょ) あるいは管領奉書などによって命令を受けた守護が守護代に,また守護代が在地の守護使に下達するために用いた。守護の伝達命令は,南北朝時代には施行状と呼んだ例が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じゅんぎょう‐じょう〔ジユンギヤウジヤウ〕【遵行状】

室町時代、将軍の命を受けた守護がその命令の実施を守護代に、また守護代が代官に下達した文書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

遵行状【じゅんぎょうじょう】

室町時代,幕府が裁定した下地を知行主に給付することなどを命じ,実際に現地で守護使らが実行することを遵行といい,守護職権の一つであった。幕府の命令が幕府→守護→守護代→守護使と下達される過程で,守護から守護代もしくは守護使へ発給された文書を遵行状と称した。南北朝・室町時代に所領相論の多発により数多く発給されたが,応仁・文明の乱以降は幕府権力の弱体化に伴い減少した。
→関連項目打渡状書下

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じゅんぎょうじょう【遵行状】

南北朝時代以後室町時代を通じ,幕府より出される命令をうけて守護が下位に向けて発した文書。幕府より御教書(みぎようしよ)あるいは奉書の様式で守護あてに命令が伝えられ(施行状(しぎようじよう)),これをうけて新たに守護のもとで守護代にあてて作成された文書が遵行状である。ときにはこれを受け取った守護代が現地の役人に向かって発する文書も同じく遵行状ということがある。これに対し遵行状をうけて当事者へあてる文書を打渡状(うちわたしじよう)という。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゅんぎょうじょう【遵行状】

室町時代、将軍家御教書や幕府奉行人奉書により命令を受けた守護が、それを守護代に、また守護代が守護使に伝えるための文書。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遵行状
じゅんぎょうじょう

古文書の様式上の名称。南北朝・室町時代、将軍の命令を受けて執事(しつじ)もしくは管領(かんれい)が出す施行状(しぎょうじょう)(南北朝期では、加えて引付頭人(ひきつけとうにん)の出す引付奉書(ほうしょ))を、各国の守護(しゅご)が取り次ぎ伝達するために出した文書をいう。幕府が所領相論などで押領停止を守護に命ずる制度は、遵行とよばれ、南北朝期以降、守護の基本的職権となったが、このとき、守護、さらには守護の遵行状を受けた守護代の出す文書を、ともに遵行状とよんだ。[久留島典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の遵行状の言及

【副状∥添状】より

… なお,年貢,贈物,道具など物品の送進のとき添える書状は,送進状といい,副状とは区別されている。また国司庁宣を留守所が施行したり,室町殿(将軍)の御判御教書を管領や守護が施行・遵行するように,職制上の上意の文書を担当下部機関に周知・実行させるために,下達の過程で順次書き添える文書は,施行(しぎよう)状,遵行(じゆんぎよう)状といい,副状とは異なるものである。【富田 正弘】 また,人の紹介,物の贈答などの際の送進状は添状,添文,添簡とも称して中世・近世には一般的に使用されたが,訴訟文書や証文に証拠書類として添付される文書も添状といった。…

※「遵行状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

遵行状の関連キーワード引付頭人

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android