コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

施行状 しぎょうじょう

7件 の用語解説(施行状の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

施行状
しぎょうじょう

古文書の形式の名称。上位の者から送られた文書の意を受けて,これを下位の者に伝えるために出す文書をいう。鎌倉幕府下文 (くだしぶみ) ,下知状を受けて出す施行状や,室町幕府管領が出した施行状などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しぎょう‐じょう〔シギヤウジヤウ〕【施行状】

鎌倉・室町時代執権管領が、将軍の意をあて名の人に取り次ぐために出した文書。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

施行状【しぎょうじょう】

中世の武家文書の一つ。上命を下達するために出された文書。鎌倉・室町両幕府において,将軍の下(くだし)文・寄進状下知(げち)状御判御教書を受け,執権(しっけん)・六波羅探題(ろくはらたんだい)・管領(かんれい)などが,これを関係者に周知し,当事者に授与するために添えて出した。
→関連項目打渡状

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しぎょうじょう【施行状】

鎌倉~室町時代に上位よりの命をうけて,それを実行するために下位へ向かって発せられた下達文書。〈せぎょうじょう〉とも読む。鎌倉時代,幕府発給の命令を六波羅探題あるいは鎮西探題が管轄の国々へ伝達する場合,必ず六波羅(鎮西)施行状が発せられ,将軍よりの文書といっしょに届けられる。下知状(げちじよう)の様式を用いたものが多い。南北朝時代には綸旨(りんじ)・令旨(りようじ)をうけて国守・守護が発し,室町時代には将軍の下文(くだしぶみ)または御教書(みぎようしよ)などをうけて執事・管領があて先(主として守護)へ向かって発する文書。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しぎょうじょう【施行状】

中世、武家文書の一種。上命下達のための文書。幕府が下した命令を、鎌倉時代には六波羅・鎮西両探題が諸国に、室町時代には執事・管領が守護などに取り次ぐ際の文書。様式には御教書みぎようしよ・下知状などがある。せぎょうじょう。 → 遵行状じゆんぎようじよう

せぎょうじょう【施行状】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

施行状
しぎょうじょう

「せぎょうじょう」「しこうじょう」とも読む。古文書の様式上の名称。命令系統上中間の者が、上位者の命令伝達を受け、さらに下位の者に伝えるために出す文書をいう。六波羅探題(ろくはらたんだい)・鎮西(ちんぜい)探題が鎌倉幕府の下文(くだしぶみ)や下知状(げちじょう)を受けて管轄の諸国に出す文書や、室町幕府の管領(かんれい)が将軍の命令を受けて出す管領施行状などが適例である。なお、南北朝期には、幕府の引付奉書(ひきつけほうしょ)・御教書(みぎょうしょ)を受けた守護の伝達命令を施行状とよんだ例が多い。[久留島典子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の施行状の言及

【副状∥添状】より

… なお,年貢,贈物,道具など物品の送進のとき添える書状は,送進状といい,副状とは区別されている。また国司庁宣を留守所が施行したり,室町殿(将軍)の御判御教書を管領や守護が施行・遵行するように,職制上の上意の文書を担当下部機関に周知・実行させるために,下達の過程で順次書き添える文書は,施行(しぎよう)状,遵行(じゆんぎよう)状といい,副状とは異なるものである。【富田 正弘】 また,人の紹介,物の贈答などの際の送進状は添状,添文,添簡とも称して中世・近世には一般的に使用されたが,訴訟文書や証文に証拠書類として添付される文書も添状といった。…

【施行状】より

…〈せぎょうじょう〉とも読む。鎌倉時代,幕府発給の命令を六波羅探題あるいは鎮西探題が管轄の国々へ伝達する場合,必ず六波羅(鎮西)施行状が発せられ,将軍よりの文書といっしょに届けられる。下知状(げちじよう)の様式を用いたものが多い。…

※「施行状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

施行状の関連キーワード遵行状奉行人武家役問注古信楽命を受けては家に辞せず板坂宗徳景長(1)惟宗籠手(小手)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

施行状の関連情報