施行状(読み)しぎょうじょう

  • しぎょうじょう シギャウジャウ
  • しぎょうじょう〔シギヤウジヤウ〕
  • せぎょうじょう セギャウジャウ

百科事典マイペディアの解説

中世の武家文書の一つ。上命を下達するために出された文書。鎌倉・室町両幕府において,将軍の下(くだし)文・寄進状下知(げち)状・御判御教書を受け,執権(しっけん)・六波羅探題(ろくはらたんだい)・管領(かんれい)などが,これを関係者に周知し,当事者に授与するために添えて出した。必ず〈下文の旨に任せて〉〈沙汰付すべし〉の文句が書かれる。
→関連項目打渡状

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

鎌倉~室町時代に上位よりの命をうけて,それを実行するために下位へ向かって発せられた下達文書。〈せぎょうじょう〉とも読む。鎌倉時代,幕府発給の命令を六波羅探題あるいは鎮西探題管轄の国々へ伝達する場合,必ず六波羅(鎮西)施行状が発せられ,将軍よりの文書といっしょに届けられる。下知状(げちじよう)の様式を用いたものが多い。南北朝時代には綸旨(りんじ)・令旨(りようじ)をうけて国守守護が発し,室町時代には将軍の下文(くだしぶみ)または御教書(みぎようしよ)などをうけて執事・管領があて先(主として守護)へ向かって発する文書。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

「せぎょうじょう」「しこうじょう」とも読む。古文書の様式上の名称。命令系統上中間の者が、上位者の命令伝達を受け、さらに下位の者に伝えるために出す文書をいう。六波羅探題(ろくはらたんだい)・鎮西(ちんぜい)探題が鎌倉幕府の下文(くだしぶみ)や下知状(げちじょう)を受けて管轄の諸国に出す文書や、室町幕府の管領(かんれい)が将軍の命令を受けて出す管領施行状などが適例である。なお、南北朝期には、幕府の引付奉書(ひきつけほうしょ)・御教書(みぎょうしょ)を受けた守護の伝達命令を施行状とよんだ例が多い。

[久留島典子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 中世、文書の呼称の一つ。命令を伝達し、実行させるために出される文書。上位者の命令文書を受け、さらにこれを下位の者に伝達し、実行させるための文書。鎌倉幕府の命令文(下文・下知状・御教書)を六波羅・鎮西探題が受けて、これを実行させるために出した文書(下知状・御教書)や、室町幕府の命令(将軍御教書など)を執事・管領が伝達する文書(奉書)などをいう。文書様式は下知状・御教書などであるが、内容が命令を伝達するものである場合、施行状と呼ばれる。上位者の命令文書を文中に明瞭に引用するのが普通。なお、幕府の命令を守護が施行する場合もあり、また天皇・上皇・親王の綸旨・院宣・令旨が施行される場合や、その他の場合もあった。せぎょうじょう。しこうじょう。しぎょう。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の施行状の言及

【副状∥添状】より

… なお,年貢,贈物,道具など物品の送進のとき添える書状は,送進状といい,副状とは区別されている。また国司庁宣を留守所が施行したり,室町殿(将軍)の御判御教書を管領や守護が施行・遵行するように,職制上の上意の文書を担当下部機関に周知・実行させるために,下達の過程で順次書き添える文書は,施行(しぎよう)状,遵行(じゆんぎよう)状といい,副状とは異なるものである。【富田 正弘】 また,人の紹介,物の贈答などの際の送進状は添状,添文,添簡とも称して中世・近世には一般的に使用されたが,訴訟文書や証文に証拠書類として添付される文書も添状といった。…

【施行状】より

…〈せぎょうじょう〉とも読む。鎌倉時代,幕府発給の命令を六波羅探題あるいは鎮西探題が管轄の国々へ伝達する場合,必ず六波羅(鎮西)施行状が発せられ,将軍よりの文書といっしょに届けられる。下知状(げちじよう)の様式を用いたものが多い。…

※「施行状」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android