邑智(読み)おおち

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島根県中央部、邑智郡にあった旧町名(邑智町(ちょう))。現在は美郷町(みさとちょう)の北部を占める地域。旧邑智町は1955年(昭和30)粕淵(かすぶち)町と吾郷(あごう)、浜原、沢谷、君谷の4村が合併し成立。2004年(平成16)大和村と合併して美郷町となる。国道375号が通じる。中心の粕淵は江の川(ごうのかわ)の河岸段丘上にあり、江の川は粕淵でUターンする形に湾曲して南流する。かつては大森銀山の銀を尾道(おのみち)方面へ輸送する江の川水運の要衝であった。農業は山村型農業。三瓶(さんべ)山南西麓(ろく)に湯抱(ゆがかい)温泉がある。[石橋忠男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邑智の関連情報