コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邑知潟 オウチガタ

デジタル大辞泉の解説

おうち‐がた〔おふち‐〕【邑知潟】

石川県羽咋(はくい)市の潟湖(せきこ)。能登半島基部にあり、トキの生息地であった。現在は干拓され、ほとんど消滅。もと大蛇潟(おろちがた)とも。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

邑知潟【おうちがた】

石川県能登半島基部の邑知潟低地帯にある淡水の潟湖(かたこ)。古くは羽咋(はくい)潟・千路(ちじ)潟・菱湖とも称され,縁辺部は新開が進み,江戸初期に村立てが行われている。
→関連項目石川[県]鹿島[町]志雄[町]鳥屋[町]羽咋[市]鹿西[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうちがた【邑知潟】

石川県能登半島基部の南西から北東方向に走る邑知潟低地帯(邑知潟平野)の西部に位置する潟湖。羽咋(はくい)市に属する。邑知潟低地帯は幅5km内外,長さ約25kmの帯状をなし,邑知潟地溝帯と呼ばれることもあるが,この両側の崖で断層が確認されないため地溝帯ではないとされる。干拓前の潟湖は周囲13.7km,面積7.87km2であったが,第2次世界大戦前に県営で一部干拓されたのち水没し,戦後1952年から国営事業として干拓が進められ,68年に完成した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おうちがた【邑知潟】

石川県、能登半島基部にあった潟湖せきこ。江戸時代末からの干拓により、1968年(昭和43)、潟は消滅した。大蛇おろち潟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕邑知潟(おうちがた)


石川県能登(のと)半島基部、邑知潟地溝帯にある海跡湖。大正期までは面積7.9km2だったが、第二次大戦前後の干拓事業により、現在は面積0.7km2の細長い水路となった。周辺は水田地帯。フナ・ワカサギ・コイなどの釣りができる。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

邑知潟
おうちがた

石川県羽咋(はくい)市にあった潟湖(せきこ)。1968年(昭和43)国営の干拓工事が完了し、残存水面は1.5平方キロメートルとなり、他は水田となっている。干拓前は4.65平方キロメートル、水深1.8メートル(大正中期は面積7.87平方キロメートル)の淡水湖で、コイ、フナ、ワカサギなどが漁獲された。邑知潟地溝帯に位置し、長曽(ながそ)川、飯山(いのやま)川などが土砂を堆積(たいせき)させ、羽咋川で日本海に排出していたが、よく冠水し、塩害も受けた。国際保護鳥であるトキの生息地でもあった。千路(ちじ)潟、菱(ひし)湖、大蛇(おろち)潟ともいわれ、大国主命(おおくにぬしのみこと)が潟の大蛇を退治した伝説がある。干拓は江戸時代より行われ、潟の藻(も)を肥料に利用してきた。2012年(平成24)の残存水面は約0.8平方キロメートル。[矢ヶ崎孝雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

邑知潟の関連キーワード石川県鹿島郡中能登町石川県羽咋市雨の宮古墳群七尾[市]志雄[町]石川(県)七尾(市)鹿島[町]鹿西〈町〉鳥屋〈町〉鹿島〈町〉羽咋(市)鳥屋[町]七尾街道中能登町宝達丘陵吉野彦助羽咋市海跡湖吉見氏

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android