コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志雄 しお

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志雄
しお

石川県能登半島の基部,日本海側にある宝達志水町北部の旧町域。東は富山県に接し,西は日本海に面する。東部は,なだらかな丘陵で,西部は海岸砂丘が発達。 1933年志雄村,樋川村,北志雄村,南邑知村,南志雄村の5村が合体して志雄村が成立し,1936年町制。町名は古代以来の地名による。 2005年押水町と合体して宝達志水町となった。中心地区の子浦 (しお) は七尾街道 (現国道 159号線) の宿場町として発達。タバコブドウ,モモ,クリの栽培が行なわれる。第2次世界大戦後は中小の織物工場が進出した。千里浜 (ちりはま) 海岸はなぎさドライブウェーの通る海水浴場で,ハマグリが名産。海岸線一帯は,能登半島国定公園に属している。中央部に国指定史跡散田金谷古墳があり,新宮には温泉がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志雄
しお

石川県北部、羽咋(はくい)郡にあった旧町名(志雄町(まち))。現在は羽咋郡宝達志水(ほうだつしみず)町の北部を占める地域。旧志雄町は1936年(昭和11)町制施行。2005年(平成17)羽咋郡押水(おしみず)町と合併し、宝達志水町となった。能登(のと)半島基部にあり、東は富山県に接し、西は日本海に面す。JR七尾線、国道159号、249号が通じる。国指定史跡の散田金谷(さんでんかなや)古墳があり、「しお」という地名は越中守(えっちゅうのかみ)大伴家持(おおとものやかもち)の『万葉集』の歌にすでにみえる。旧町域は丘陵性で、米作、繊維工業が盛んで、近年では製薬会社などの工場も進出している。海岸砂丘ではブドウ、スイカ、タバコを産する。聖徳太子にちなむやわらぎの郷(さと)、新宮(しんぐう)温泉などがある。海岸一帯は能登半島国定公園域。[矢ヶ崎孝雄]
『『志雄町史』(1974・志雄町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

志雄の関連情報