コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志雄 しお

2件 の用語解説(志雄の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志雄
しお

石川県能登半島の基部,日本海側にある宝達志水町北部の旧町域。東は富山県に接し,西は日本海に面する。東部は,なだらかな丘陵で,西部は海岸砂丘が発達。 1933年志雄村,樋川村,北志雄村,南邑知村,南志雄村の5村が合体して志雄村が成立し,1936年町制。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志雄
しお

石川県北部、羽咋(はくい)郡にあった旧町名(志雄町(まち))。現在は羽咋郡宝達志水(ほうだつしみず)町の北部を占める地域。旧志雄町は1936年(昭和11)町制施行。2005年(平成17)羽咋郡押水(おしみず)町と合併し、宝達志水町となった。能登(のと)半島基部にあり、東は富山県に接し、西は日本海に面す。JR七尾線、国道159号、249号が通じる。国指定史跡の散田金谷(さんでんかなや)古墳があり、「しお」という地名は越中守(えっちゅうのかみ)大伴家持(おおとものやかもち)の『万葉集』の歌にすでにみえる。旧町域は丘陵性で、米作、繊維工業が盛んで、近年では製薬会社などの工場も進出している。海岸砂丘ではブドウ、スイカ、タバコを産する。聖徳太子にちなむやわらぎの郷(さと)、新宮(しんぐう)温泉などがある。海岸一帯は能登半島国定公園域。[矢ヶ崎孝雄]
『『志雄町史』(1974・志雄町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志雄の関連キーワード珠洲岬能登半島宝達丘陵宝達山見附島巌門能登空港羽咋[市]石川県羽咋市石川県羽咋郡宝達志水町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志雄の関連情報