コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

那珂川町 なかがわ

2件 の用語解説(那珂川町の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

那珂川町
なかがわ

福岡県北西部,福岡市の南に接する町。 1956年岩戸 (いわど) ,安徳 (あんとく) ,南畑 (みなみはた) の3村が合体して町制。主産業は米作。那珂川の上流に南畑ダムがあり,付近は筑紫耶馬渓として知られる景勝地で,脊振雷山県立自然公園に属する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

那珂川町
なかがわ

栃木県東部,八溝山地の西斜面にある町。那珂川が西部を貫流し,東で茨城県に接する。 2005年馬頭町と小川町が合体。古くから開けた土地で,奈良・平安時代には産金地として知られた。那珂川左岸の馬頭は中世水戸藩の支配地で,江戸時代タバコの集散地として繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

那珂川町の関連情報