コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郭象 かくしょう Guo Xiang

4件 の用語解説(郭象の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郭象
かくしょう
Guo Xiang

[生]?
[没]永嘉6(312)頃
中国,西晋の学者。字は子玄。一時東海王越に仕えた。老荘思想を好み,『荘子』の定本をつくって,これに注した。その注は,現在でも『荘子』研究の出発点となっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かく‐しょう〔クワクシヤウ〕【郭象】

[252ころ~312]中国、西晋の学者。字(あざな)は子玄。河内(河南省)の人。清談にたくみで、「荘子」の注を著し、魏晋のころの玄学思想によって道家哲学を顕彰した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かくしょう【郭象 Guō Xiàng】

252?‐312
中国,西晋の思想家。字は子玄。河南(河南省洛陽)の人。後半生を司馬越(東海王)の太傅(たいふ)主簿として政界に権勢を振るった。著述《荘子注》は,従来の52編本《荘子》を33編に改編して独自の思想的解釈を深めた。万物の充足は境遇に無限に適合する〈性分〉に任せた〈自得〉にある,あるがままの現状が即自的に自足するとして,当時の階層身分秩序を天理とみとめ,礼教社会がそのまま自然無為だと説く名教〈自然〉論を展開した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郭象
かくしょう
(?―312)

中国、西晋(せいしん)の思想家。字(あざな)は子玄(しげん)。一時期、東海王司馬越(しばえつ)(?―311)に召されて大傅主簿(たいふしゅぼ)となったこともあるが、ほとんど野にあって老荘思想の研究に従事し、生涯を終えた。彼の功績は、『荘子(そうじ)』のテキストを整理して現行の33篇(ぺん)本を定めたこと、またその注解を著したことである。それ以前、漢代から伝えられていた『荘子』は52篇本であったが、それは精善なテキストではなかった。そこで西晋代には、これを再編成して司馬彪(ひょう)(?―306ころ)の52篇本、崔(さいせん)の27篇本、向秀(しょうしゅう)の26篇本などが続出したが、そのなかでもっとも優れた成果を示したのが郭象の33篇本であって、唐代以後はこれが唯一のテキストとして定着した。またその注解は、もっとも代表的な『荘子』注として広く読まれている。[楠山春樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

郭象の関連キーワード王廷相河南省河南謝良佐荘周思想家山濤曽参河南〈町〉

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone