コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

都の錦 みやこのにしき

9件 の用語解説(都の錦の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

都の錦
みやこのにしき

[生]延宝3(1675).播磨
[没]?
江戸時代中期の浮世草子作者。姓,宍戸,また八田。名,光風。通称,与一。号,鉄舟。ほかに梅薗堂などを名のった。播磨国佐用郡の神官であったが,のち大坂に上り西沢一風の世話で『元禄曾我物語』 (1702) を著わし,2年間に数部の浮世草子を出した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みやこのにしき【都の錦】

[1675~?]江戸中期の浮世草子作者。大坂の人。本名、宍戸光風。通称、与一。西沢一風の助力を得て、「元禄大平記」「沖津白波」などを発表した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

都の錦【みやこのにしき】

江戸中期の浮世草子作者。武士の宍戸(ししど)氏に生まれた。名は与一。八田宮内少輔光風とも称す。仮名や別名多数。1701年からの2年間に大坂・京都において《元禄曾我物語》元禄太平記》等を集中的に執筆・刊行。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

都の錦 みやこのにしき

1675-? 江戸時代前期-中期の浮世草子作者。
延宝3年生まれ。もと武士。放蕩(ほうとう)のため勘当され,元禄(げんろく)15年ごろ京坂で「元禄大平記」「風流神代巻」などをあいついで刊行した。16年江戸へいくが無宿人とされ,薩摩(さつま)の金山に流された。のちゆるされたが晩年の消息は不明。大坂出身。姓は宍戸。名は与一。字(あざな)は光風。別号に鉄舟,往悔子など。
【格言など】酢(す)いも甘いも喰ねば知れぬ(「元禄大平記」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

都の錦

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:延宝3(1675)
江戸時代の浮世草子作者。宍戸氏,名は与一,字は光風。祖父義政が稲葉正則に召し抱えられ,家臣となる。光風は大坂で生まれ,元禄8(1695)年,浪人した父と共に京都に住むが,元禄13年に放蕩のためか勘当される。仏者となって鉄舟と名乗るが,その後大坂に移り,元禄15年,西沢一風の勧めで書いた『元禄曾我物語』を出版。『元禄大平記』『沖津白波』などを立て続けに著すが,そこには自己宣伝と己の学識を誇示する傾向が窺える。ところが,翌16年,江戸で無宿人として捕らえられ,薩摩山ケ野金山へ流される。宝永1(1704)年には脱走を試みるが失敗,翌2年に鹿籠金山に移される。ここで『播磨椙原』『捨小舟』などを執筆。宝永6年に許されて上方に戻り,『当世智恵鑑』(1712)などを著すが,その晩年については不明。<参考文献>野間光辰『近世作家伝攷』,中嶋隆「『都の錦』の家系」(神保五弥編『江戸文学研究』)

(樫澤葉子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みやこのにしき【都の錦】

1675(延宝3)‐?
江戸中期の浮世草子作者。本名宍戸(ししど)(また八田,友部とも)光風。通称与一。出生地不詳。遊興に身をもちくずし学問を捨て,1702年(元禄15)の《元禄曾我物語》《元禄大平記》より翌年にかけて7作を発表。03年夏立身の志を抱いて江戸に下ったが,放浪中を捕らえられて薩摩の金山の労役に送られ,09年許されて大坂に帰る。以後,往悔子(おうかいし)などと称し執筆活動を再開するが振るわなかった。その作は自己の学問を誇示する気持ちと,浮世草子界の好尚に乗ろうとあせる気持ちがあらわであるが,過剰な自意識が自己を破滅に導いた異色の存在だったといえる。

みやこのにしき【都の錦】

浄瑠璃の伝書名。2冊あり,《都の錦》(乾之巻)と《老の戯言(おいのたわごと)》(坤之巻)で一組となっている。ともに1865年(慶応1)柳糸亭三楽編著刊。《都の錦》(角書〈音曲道しるべ〉)は宮古路豊後掾の秘伝を初世常磐津文字太夫が書きとめ,写本として伝わっていたもので,浄瑠璃の語り方についての指導に重点がおかれている。《老の戯言》(角書〈三味線早稽古〉)は常磐津節の旋律型について具体的に説明したものであり,このほうが資料的価値が高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みやこのにしき【都の錦】

1675~?) 江戸中期の浮世草子作者。大坂の人。本名は宍戸与一。字あざなは光風。武家の出。先行の草子類の翻案が多い。「元禄太平記」で西鶴を批判。他に「沖津白波」「当世知恵鑑」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

都の錦
みやこのにしき
(1675―?)

江戸中期の浮世草子作者。本名宍戸(ししど)(八田または友部とも)光風。通称与一。出身地は明らかでない。遊興に身を持ち崩し、1702年(元禄15)より翌年にかけて『元禄曽我(げんろくそが)物語』、『元禄大平記』など七作を発表。03年夏江戸に下り、放浪中を捕らえられ、薩摩(さつま)国(鹿児島県)の金山の労役に送られた。09年(宝永6)許されて大坂に帰り、往悔子(おうかいし)などの筆名で『当世智恵鑑(ちえかがみ)』(1712)ほか2、3の作を出し、以後消息不明。彼の作は学問を誇示し、自己顕示欲が強く、一方、際物性と好色味で読者を引こうとし、秀作とはいえぬが、当時に異彩を放ち、西沢一風(いっぷう)の開いた古典の利用、伝奇化の風を推し進める一翼を担う存在であった。[長谷川強]
『長谷川強著『浮世草子の研究』(1969・桜楓社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

都の錦の関連キーワード月尋堂西沢一風軟文学鷺水桃林堂蝶麿半井金陵八文字屋自笑(初代)本多月楽山の八吉川盛信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

都の錦の関連情報