コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井忠世 さかい ただよ

8件 の用語解説(酒井忠世の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

酒井忠世

江戸前期の老中。三河生。幼名は、万千代・与四郎、のち右兵衛大夫・雅楽頭と称す。父は酒井氏雅楽頭系嫡流七代目重忠。徳川家康・秀忠に仕え、大坂冬・夏の陣に出陣。父の遺領を継ぎ上野国厩橋城主となり、12万石余を領した。慶長10年から寛永11年まで29年間にわたり老中を勤め幕政を主導した。寛永13年(1636)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さかい‐ただよ〔さかゐ‐〕【酒井忠世】

[1572~1636]江戸初期の幕臣。老中・大老。上野厩橋(うまやばし)城主。2代将軍秀忠から3代家光の前半にかけて幕政の中心として活躍。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠世 さかい-ただよ

1572-1636 江戸時代前期の大名。
元亀(げんき)3年6月5日生まれ。酒井重忠(しげただ)の子。徳川家康につかえ,関ケ原の戦い,大坂の陣では秀忠(ひでただ)にしたがう。元和(げんな)3年上野(こうずけ)(群馬県)厩橋(うまやばし)(前橋)藩主酒井家2代となる。土井利勝(としかつ)らとともに老中として国政にあたる。のち加増され12万2500石余。寛永13年3月19日死去。65歳。三河(愛知県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

酒井忠世

没年:寛永13.3.19(1636.4.24)
生年:元亀3(1572)
江戸初期の老中。雅楽頭。名門雅楽頭系の重忠と山田重辰の娘の嫡男として生まれ,天正18(1590)年に徳川秀忠の家老となり,慶長後半から寛永11(1634)年まで老中として幕閣の中枢にあって幕政を主導した。寛永3年には従四位下侍従に叙任,上野国厩橋(前橋)城主として知行高も最終的に12万石余を領した。元和1(1615)年から土井利勝らと共に徳川家光の補導役となったが,家光は平素口数少なく厳正重厚な忠世を最も畏れたという。秀忠の没後忠世は家光から疎まれる傾向にあり,寛永11年の家光上洛では江戸城留守居を命じられたが,閏7月西丸から出火し,その責めを負って寛永寺に蟄居した。これが家光の勘気に触れ老中を解任となった。

(小池進)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さかいただよ【酒井忠世】

1572‐1636(元亀3‐寛永13)
織豊期に徳川家康に仕えた武将。江戸期には譜代大名となる。三河国西尾に生まれる。幼名は万千代,字は与四郎。右兵衛大夫,雅楽頭(うたのかみ)を名のる。父は重忠。母は松平忠輝の家臣山田重辰の女。家康に仕え,1590年(天正18)8月秀忠に付属され家老となる。1601年(慶長6)5000石を加増,1万石を領する。17年(元和3)7月父の遺領を継ぎ厩橋(まやばし)城を居城とし,22年には12万2500石余を領した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さかいただよ【酒井忠世】

1572~1636) 江戸初期の老中・大老。上野こうずけ厩橋藩主。忠清の祖父。秀忠・家光を補佐し、家康死後の幕政に重きをなした。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酒井忠世
さかいただよ

[生]元亀3(1572).三河
[没]寛永13(1636).3.19. 江戸
江戸時代初期の大老。重忠の子。幼名は万千代,与四郎。徳川家康に仕え 3000石を領した。天正 16 (1588) 年従五位下に叙され,右兵衛大夫を称した。徳川第2代将軍秀忠の家老となり,慶長6 (1601) 年上野国那波1万石に封じられ,同 14年1万石を加増,大坂の役 (→大坂の陣 ) 後,さらに3万 2000石を加増された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酒井忠世
さかいただよ
(1572―1636)

江戸初期の譜代(ふだい)大名。上野(こうずけ)(群馬県)前橋城主。老中。徳川氏の重臣雅楽助(うたのすけ)酒井氏の嫡流、三河(愛知県)西尾城主重忠(しげただ)の長子として西尾で生まれる。1590年(天正18)徳川秀忠(ひでただ)の家老となり、秀忠が2代将軍となると、土井利勝(としかつ)、大久保忠隣(ただちか)、本多正信(まさのぶ)らとともに補佐の中心となった。1617年(元和3)遺領を相続し、これまでの知行(ちぎょう)とあわせて8万5000石を領し前橋を居城とした(のち加増を受け12万石余となる)。23年家光(いえみつ)付きとなり、同年家光が将軍となると、またよく補佐の任を果たした。32年(寛永9)大御所(おおごしょ)秀忠没後は江戸城西の丸の守衛を命ぜられ、ここに住した。34年家光上洛(じょうらく)中に失火により西の丸が焼け、その後の措置を責められ一時出仕を止められたが、まもなく赦(ゆる)されている。[林 亮勝]
『進士慶幹著「酒井忠世と土井利勝」(『江戸幕府 上』所収・1964・人物往来社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

酒井忠世の関連キーワード酒井忠清居楽雅楽頭伯庵上真節豊原信秋山井景光山井青霞笠置侃一

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone