酸化ビスマス(読み)さんかびすます(英語表記)bismuth oxide

日本大百科全書(ニッポニカ)「酸化ビスマス」の解説

酸化ビスマス
さんかびすます
bismuth oxide

ビスマスの酸化物。種々の酸化物が存在するが、普通は酸化ビスマス(Ⅲ)をさす。

(1)酸化ビスマス(Ⅲ) 金属または水酸化物Bi(OH)3を空気中で強熱する。黄色、多形である。天然には蒼鉛華(そうえんか)として産する。常温で安定な単斜結晶は729℃で立方結晶に転移する。溶かしてから冷やすと650℃で正方結晶となる。低温相がα(アルファ)型で、高温相がβ(ベータ)型である。水に不溶、塩基性酸化物で酸に溶けるが、アルカリには不溶。

(2)酸化ビスマス(Ⅴ) 酸化ビスマス(Ⅲ)をアルカリ性で塩素またはペルオキソ二硫酸塩のような強酸化剤で酸化するとき、褐色または黒色の沈殿として得られる。酸素を失いやすく組成がはっきりしないが、5価ビスマスを含むと考えられ、酸性で酸化剤として用いられる。150℃でBi2O4、357℃でBi2O3となる。

[守永健一・中原勝儼]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「酸化ビスマス」の解説

酸化ビスマス
さんかビスマス
bismuth oxide

酸化数3と5の化合物があるが,普通は酸化ビスマス (III) ,三酸化二ビスマス Bi2O3 をさす。黄色結晶。単斜晶系正方晶系立方晶系の3変態がある。高温超伝導体材料として注目されるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版「酸化ビスマス」の解説

さんかビスマス【酸化ビスマス bismuth oxide】

ビスマスの酸化物の総称。一般には酸化ビスマス(III)をさす。
[酸化ビスマス(III)]
 化学式Bi2O3。硝酸ビスマス(III)水溶液に水酸化ナトリウム水溶液を滴下し,生じた酸化ビスマス(III)水和物Bi2O3・2H2O,水酸化ビスマスBi(OH)3ろ過,乾燥するか,金属ビスマスを融解し,酸素中で黒鉛電極を用いて電気スパークを行い,750~800℃で燃焼させても得られる。天然にはソウ鉛華として産出する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android