コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野木[町] のぎ

百科事典マイペディアの解説

野木[町]【のぎ】

栃木県南端部,下都賀(しもつが)郡の町。大部分台地上にあり,米,麦,果樹を産し,施設園芸も盛ん。工業団地が造成され,企業の進出が相次いでいる。東北本線が通じる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のぎ【野木[町]】

栃木県南端,下都賀(しもつが)郡の町。人口2万6489(1995)。思川東岸の台地を占め,西端渡良瀬川遊水池を含む。中心集落の野木は近世日光道中宿駅として栄えた。平地林が残る畑作農村であったが,1960年代に国道4号線,東北本線沿線に機械,化学,食品などの工場が進出し,南部に野木工業団地が造成された。63年には東北本線野木駅が開業した。駅前を中心に民間の大規模ニュータウン開発がすすみ,1980年代以降は通勤住宅地化が著しい。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報