コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野津[町] のつ

2件 の用語解説(野津[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

野津[町]【のつ】

大分県南東部,大野郡の旧町。中心の野津市(のついち)は日向(ひゅうが)街道と臼杵・三重街道の交点にあたり中世から市場町として発達,16世紀後半には豊後(ぶんご)キリシタンの拠点でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のつ【野津[町]】

大分県南東部,大野郡の町。人口1万0216(1995)。大野川の支流野津川が北流し,北東は臼杵市に接する。中世は国衙(こくが)領の野津院に属し,のち大友氏領となり,天正期(1573‐92)ごろキリシタンは3500人を数えたという。中心の野津市(のついち)は臼杵と三重を結ぶ街道が日向街道(国道10号線)と交わる地にあり,市場町として発達した。丘陵地でタバコや野菜の栽培,野津川の河谷で米作が行われ,畜産やシイタケ栽培も活発である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

野津[町]の関連キーワード大野川勝浦大分津久見土岐備前豊前豊後大野室戸鹿嶋

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone