コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子固体 りょうしこたい quantum solid

2件 の用語解説(量子固体の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

量子固体
りょうしこたい
quantum solid

原子間結合力に比べて,量子力学零点エネルギーの効果が無視できない固体。固体ヘリウムはその一例である。ヘリウム4,ヘリウム3は飽和蒸気圧下では絶対零度まで液体の状態にある量子液体であるが,極低温でヘリウム4は 25気圧,ヘリウム3は 30気圧以上に加圧すると固化する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りょうしこたい【量子固体 quantum solid】

固体の構造をミクロにみると,多数の原子が規則正しく並んでいる。しかし,原子は静止しているわけではなく,所定の位置を中心として前後,左右,上下に振動している。固体を冷やすと原子の振動の振幅は減少するが,量子力学によると,最低の温度である絶対0度(0K)まで冷やしても振動が残る。これを零点振動と呼ぶ。零点振動の存在は量子力学に特徴的なことであり,このため,他の多くの固体に比べて零点振動が異常に大きい固体ヘリウムをとくに量子固体と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

量子固体の関連キーワードアセタールエネルギー帯原子価二次構造バンド構造金属結晶結合角ランダム構造ミクロ経済分光学的変倚法則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone