金口(読み)キンク

デジタル大辞泉の解説

きん‐く【金口】

こんく(金口)

きん‐ぐち【金口】

吸い口に金紙を巻いた巻きタバコ。
火皿吸い口金製キセル

きん‐こう【金口】

雄弁で、りっぱな意見を言う人の口。また、りっぱな言葉。
器物の口の部分が金属になっているもの。
こんく(金口)

こん‐く【金口】

仏語。釈迦(しゃか)の口を尊んでいう語。転じて、釈迦の説法。きんく。きんこう。
非常に尊い言葉。金科玉条

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんぐち【金口】

吸い口に金紙を巻いた紙巻きタバコ。金口タバコ。

きんこう【金口】

素晴らしい言葉。また、他人を敬ってその言葉をいう語。
金口こんく」に同じ。

こんく【金口】

〘仏〙 釈迦の口や、その言葉を敬っていう語。 「釈迦如来-正しく説きたまはく/万葉集 八〇二詞

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android