コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笠沙 かささ

2件 の用語解説(笠沙の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笠沙
かささ

鹿児島県南西部,南さつま市北西部の旧町域。薩摩半島の南西部に突出した野間半島にあり,西方の宇治群島も含まれる。 1940年町制。 1951年大浦村を分村。 2005年加世田市,大浦町,坊津町,金峰町の1市3町と合体して南さつま市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笠沙
かささ

鹿児島県南西部、川辺(かわなべ)郡にあった旧町名(笠沙町(ちょう))。現在は南さつま市の北西部を占める。旧笠沙町は1940年(昭和15)町制施行、1951年(昭和26)大浦村を分村。2005年(平成17)大浦(おおうら)町、坊津(ぼうのつ)町、加世田(かせだ)市、日置(ひおき)郡金峰(きんぽう)町と合併し、南さつま市となった。薩摩(さつま)半島南西端の野間(のま)半島の大部分を占め、東シナ海上の宇治(うじ)群島と草垣(くさがき)群島を含む。旧町域は『日本書紀』「神代下」の笠狭(かささ)の地といわれ、石器、土器などが域内各所で出土する。中央部に野間岳(591メートル)を有し、平地は少なく山腹を階段耕作している。三方を囲む海岸線は屈曲に富み、坊野間(ぼうのま)県立自然公園に含まれていて、北面には天然の良港である片浦港、野間池港がある。農業では米、サツマイモのほか、ポンカン栽培が行われ、他方、沿岸・沖合漁業従事者も多く、定置網、一本釣りなどが行われており、釣り人を対象とする観光漁業者も少なくない。また昔から出稼ぎ者が多く、とくに焼酎(しょうちゅう)造りの杜氏(とうじ)は有名である。[田島康弘]
『『笠沙町郷土誌編纂資料 1~3』(1978~1980・笠沙町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

笠沙の関連キーワード鹿児島県南さつま市大浦町鹿児島県南さつま市加世田川畑鹿児島県南さつま市加世田高橋鹿児島県南さつま市加世田武田鹿児島県南さつま市加世田津貫鹿児島県南さつま市加世田益山鹿児島県南さつま市加世田宮原鹿児島県南さつま市加世田村原鹿児島県南さつま市金峰町池辺鹿児島県南さつま市坊津町坊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笠沙の関連情報