コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金海貝塚 きんかいかいづかKimhae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金海貝塚
きんかいかいづか
Kimhae

韓国慶尚南道金海郡金海邑にある高さ約 18m,長さ約 200m,幅約 70mの台地上の貝塚。およそ1~4世紀のものとされる。貝は,鹹水産貝 (はまぐり,かきなど) が多い。遺物石器がほとんどなく,鉄斧,鉄刀子,骨製品,赤色素焼土器,灰色土器,黝色陶器などがある。特に鉄器とともに出土した王莽貨泉と,炭化した米の出土は重要である。そのほか箱形石棺と甕棺が発掘され,前者からは丹塗丸底壺,磨製石鏃が,後者の内外からは管玉細形銅剣,青銅尖頭器などが発見された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金海貝塚
きんかいかいづか

韓国(大韓民国)、慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)金海(きんかい/クムヘ)市にある、朝鮮半島南部における原三国時代の代表的な貝塚。土器は金海式土器とよばれる叩き文(たたきもん)のある赤褐色素焼、黝青(ゆうせい)色陶質土器が主体である。鉄斧(てっぷ)や多数の骨角器(鹿角(ろっかく)製鉄刀子柄(とうすえ)、骨鏃(こつぞく)、骨針など)も出土しているが、石器はきわめて少ない。注目される遺物としては貨泉(かせん)、炭化米、ガラス製棗玉(なつめだま)がある。貨泉(8~24)から年代の一端は判明するが、土器からみると、原三国時代を中心に無文土器時代末期と三国時代のものも一部含む長期間の貝塚である。一方、この貝層下から甕棺(かめかん)墓、箱式石棺墓、支石墓などが検出されている。甕棺は細形銅剣、銅(やりがんな)、碧玉(へきぎょく)製管玉(くだたま)を、箱式石棺は磨製石鏃、丹塗(にぬり)磨研壺(つぼ)を伴い、支石墓とともに無文土器時代に属する。なお、甕棺が北九州の弥生(やよい)前期末のそれに相当すること、金海式土器が対馬(つしま)、壱岐(いき)、北九州で出土していることから、弥生時代から古墳時代にかけての海峡を越えた交流がうかがえる。[定森秀夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

金海貝塚の関連キーワードキムヘ(金海)平野金海式土器

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android