コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金銀花 キンギンカ

デジタル大辞泉の解説

きんぎん‐か〔‐クワ〕【金銀花】

スイカズラの花。漢方で乾燥したものを解熱解毒薬に用いる。花が白色から2、3日後に黄色になるところからの名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きんぎんか【金銀花】

愛知の日本酒。大吟醸酒、本醸造酒などがある。味わいは淡麗やや辛口。原料米は山田錦、五百万石など。仕込み水は木曽川伏流水。蔵元の「金銀花酒造」は享保年間(1716~36)創業。所在地は一宮市今伊勢町馬寄字山之小路。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

きんぎんか【金銀花】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。スイカズラ科スイカズラの花を乾燥したもの。解熱解毒殺菌作用などがある。化膿(かのう)症炎症などに効く托裏消毒飲(たくりしょうどくいん)や、かつて梅毒などに用いられた香川解毒剤などに含まれる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きんぎんか【金銀花】

スイカズラの漢名。また、そのつぼみを用いた生薬。解毒・利尿薬に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金銀花 (キンギンカ)

植物。スイカズラ科の半常緑つる性植物,園芸植物,薬用植物。スイカズラの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

世界大百科事典内の金銀花の言及

【スイカズラ(忍冬)】より

…葉を乾かしたものはタンニンを含み,茶の代用とされる。生薬では花を金銀花,茎および葉を忍冬という。花は脂肪酸,フラボノイドなどを含み,単独で,あるいは他の生薬と配合して,解熱,解毒薬として流行性感冒,おできなどに,また黒焼きは止血薬とする。…

※「金銀花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金銀花の関連キーワード日本美術正倉院つぼみ利尿薬漢名忍冬彫金

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android