コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針ニッケル鉱 しんニッケルこう millerite

2件 の用語解説(針ニッケル鉱の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

針ニッケル鉱
しんニッケルこう
millerite

NiS 。六方晶系,真鍮色の針状結晶の鉱物。放射状に集って産することがある。硬度3~3.5で軟らかく,比重 5.5。金属光沢をもち,条痕は緑黒色。熱水鉱床,塩基性の深成岩に鉱脈として産する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

針ニッケル鉱
しんにっけるこう
millerite

ニッケルの鉱石鉱物の一つ。中~低温熱水鉱床、ある種の正マグマ性鉱床石灰岩の団塊中、超塩基性岩塩基性岩中の脈のほか、黒鉱鉱床中からも少量発見された。自形は六角針状で放射状集合をなすこともある。針状を呈さない場合は、劈開(へきかい)の明らかな板状集合体をなす。共存鉱物として、ビオラル鉱、ポリディム鉱などがある。日本では兵庫県大屋町(現、養父(やぶ)市大屋町)大屋鉱山、大分県三重町(現、豊後大野(ぶんごおおの)市三重町)若山鉱山などが有名。英名は最初にこれを研究したイギリスの鉱物学者ミラーにちなむ。[加藤 昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

針ニッケル鉱の関連キーワード霞石擬晶針鉄鉱正方晶系単軸結晶硫化カドミウム六方晶系仮像ラヴェス相二酸化ゲルマニウム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone