コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴木善幸内閣 すずきぜんこうないかく

2件 の用語解説(鈴木善幸内閣の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

鈴木善幸内閣【すずきぜんこうないかく】

1980年7月17日〜1982年11月27日。自由民主党単独内閣。1980年6月の衆参同日選挙期間中に急死した大平正芳を継いで発足。当時自民党では〈三角大福中〉の党内闘争が続いていたが,この選挙での自民党の圧勝は〈大平の遺産〉と受けとめられ,大平派に属する鈴木善幸話し合いで党総裁に選出され,総理大臣に就任。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴木善幸内閣
すずきぜんこうないかく

(1980.7.17~1982.11.27 昭和55~57)
1980年7月成立した自由民主党内閣。「増税なき財政再建」を公約とし、1981年3月には臨時行政調査会を設置し行政改革を最大の課題とした。1981年1月鈴木首相が東南アジア諸国を歴訪、5月には日米首脳会談を開き日米「同盟関係」を明記し、西側陣営の一員としてアメリカの対ソ戦略に協力していく姿勢を明らかにした。国内では自民党の絶対多数を背景に、軍事力増強、実質的な靖国(やすくに)神社公式参拝、参議院の比例代表制導入、人事院勧告凍結を実現した。しかし1982年6月2兆円以上の歳入欠陥が明らかとなって「増税なき財政再建」は破綻(はたん)し、行政改革も自民党・官僚の抵抗で後退を余儀なくされた。さらに日米経済摩擦、日韓経済協力、教科書記述に対するアジア各国からの批判といった難問を適切に処理できず、内外ともに手詰まりの状態のなか、1982年10月12日突如退陣を表明した。鈴木政治は難問を先送りにして解決を図るといった消極的姿勢を特徴としていた。また党幹事長に二階堂進を起用するなど田中角栄の影響力を強く受け「角影内閣」との異名をとった。[伊藤 悟]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴木善幸内閣の関連キーワード永祚永長延応応徳嘉吉貞元正暦承暦暦仁霊亀

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴木善幸内閣の関連情報