コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しころ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しころ

錣とも書く。甲冑の一部での鉢の眉庇 (まびさし) の両端から両頬および後頸部をおおうもの。通常,胴の小札 (こざね) や威 (おど) し毛 (→威し ) と同じ材料で,3ないし5段威し下げる。最下段を裾板,菱縫板といい,その両端から下をうしろに折返して吹返しと称する。吹返しは絵革で包み上部に据文金物を打つ。形状は時代によって変遷があり,饅頭錏笠錏などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

錏の関連キーワード吹き返し・吹返し玉虫の厨子屋島の戦い宗十郎頭巾鉢付の板錏・錣・菱縫の板日根野兜褄取縅兜頭巾かぶと角頭巾錏引き二の板平景清一の板帽子兜錏葺き三の板五枚兜