コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

しころ

2件 の用語解説(錏の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


しころ

錣とも書く。甲冑の一部での鉢の眉庇 (まびさし) の両端から両頬および後頸部をおおうもの。通常,胴の小札 (こざね) や威 (おど) し毛 (→威し ) と同じ材料で,3ないし5段威し下げる。最下段を裾板,菱縫板といい,その両端から下をうしろに折返して吹返しと称する。吹返しは絵革で包み上部に据文金物を打つ。形状は時代によって変遷があり,饅頭錏,笠錏などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しころ【×錏/×錣/×𩊱】

兜(かぶと)のの左右・後方につけて垂らし、首から襟の防御とするもの。多くは札(さね)または鉄板を三段ないし五段下りとしておどしつける。
錏頭巾(しころずきん)の三方に垂らした布。
錏庇(しころびさし)」の略。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone