コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

威し おどし

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

威し
おどし

上古,奈良時代の挂甲,平安時代以後の甲冑小札 (こざね) を縦 (上下) に連結する糸と革 (韋) のこと。「緒通し」の意味で,それに用いる糸や革をし毛という。初めに小札を横に綴じて横板状とし,これを上下に連結する。威し毛には革,組糸,綾裂 (あやぎれ) を用いる。綴り方には挂甲にみる縦取り威し,中世にもっぱら用いられた毛引き威し,胴丸腹巻当世具足にみられる素がけ,寄素がけなどの手法がある。大鎧,胴丸,腹巻などで最も装飾性を発現しているのは威しの色目で,革の染文様,組糸の文柄から「小桜革黄返し威し」などと称し,色彩からは「紺糸威し」「緋威し」,さらに数色の組合せによって「色々威し」「沢瀉 (おもだか) 威し」などの名称があり,優雅な趣を添えている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

威しの関連キーワードウィルソンの「十四か条」見せ付ける伏縄目威斑濃の威かだもの威し鉄砲虚仮威し釜山市唐綾威褄取威黄白地鎧ノ袖黒革威威し銃黄櫨威啄木威匂い威萌葱威猟師紫匂

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

威しの関連情報