コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡の間[ベルサイユ宮殿] かがみのまベルサイユきゅうでん Galerie des Glaces, Palais du Versailles

1件 の用語解説(鏡の間[ベルサイユ宮殿]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡の間[ベルサイユ宮殿]
かがみのまベルサイユきゅうでん
Galerie des Glaces, Palais du Versailles

ルイ 14世時代の代表的建築。設計は J.マンサール,内部装飾は C.ル・ブランの総監督のもとで 1678~84年に改築された。ベルサイユ宮殿の中央主館の2階正面全体を占め,北端に「戦争の間」,南端に「平和の間」をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鏡の間[ベルサイユ宮殿]の関連キーワードイギリス国会議事堂ロココ美術構造設計コンペ代表的対応時間の法則ロココ様式木造軸組工法(在来工法)ペルツィヒル・ボー

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone