コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鏡作部 かがみつくりべ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鏡作部
かがみつくりべ

古代,鏡作造 (天武朝以後は連) に率いられ,大和朝廷貴族に隷属し,漢鏡や唐鏡をまねた 仿製鏡 (ぼうせいきょう) の製作に従事した工人集団。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かがみつくり‐べ【鏡作部】

律令制以前、朝廷や豪族に属して鏡を製作した部民(べみん)。律令制では雑工戸(ざっこうこ)がこれを担当した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かがみつくりべ【鏡作部】

日本古代の職業部の一つ。鏡の製作に従事した。伴造(とものみやつこ)は683年(天武12)に連(むらじ)姓を与えられた鏡作造で,その本拠は《和名抄》にみえる大和国城下郡鏡作郷であろう。ここには《延喜式》神名帳の〈鏡作坐天照御魂神社〉が鎮座し,鏡作氏の祖神石凝姥(いしこりどめ)命等が奉斎されている。石凝姥命は記紀神話の中で天照大神が天の岩屋戸に隠れたとき,鏡を造ったとされ,天孫降臨神話では天孫に随従する〈五部神〉の一人とされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かがみつくりべ【鏡作部】

大化前代、鏡の製作に従事した部民。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鏡作部
かがみつくりべ

古代において鏡の製作に従事した工人集団の称。彼らの統率者(伴造(とものみやつこ))を鏡作造(のち連(むらじ))といい、天抜戸命(あまのぬかとのみこと)の子石凝姥命(いしこりどめのみこと)の後裔(こうえい)と伝える。石凝姥は皇位の象徴である神鏡を製作し、また天孫降臨に随従した神といわれる。大和(やまと)国城下(しきのしも)郡(奈良県磯城(しき)郡田原本(たわらもと)町)の鏡作坐天照御魂(かがみつくりにいますあまてるみたま)神社は鏡作造の氏神を祭る。大化(たいか)(645~650)以後鏡作部の技術はしだいに一般化し、律令(りつりょう)制のもとではその仕事は雑工戸(ざっこうこ)が担当することとなった。[黛 弘道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鏡作部の関連キーワード連(むらじ)鏡野(町)鏡野[町]大化前代天糠戸者鏡野町部民

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android