コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長屋の花見

4件 の用語解説(長屋の花見の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

長屋の花見

古典落語の演目のひとつ。上方では「貧乏花見」と題する。六代目春風亭柳橋が得意とした。オチは間抜オチ。主な登場人物は、町人、大家。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ながやのはなみ【長屋の花見】

落語。もともとは上方落語《貧乏花見》。明治30年代に東京に移入された。貧乏長屋の連中が家主に呼びだされ,店賃(たなちん)の催促ではないかとおそるおそる行ってみると,みなで花見に行こうと言う。家主が用意した酒の代りの番茶,玉子焼の代りのたくあんなどを持って花見に出かけたが,番茶では酔えない。茶を飲みすぎて気分が悪くなった男が,どんな気持だと聞かれ,〈井戸に落ちた時と同じような気持だ〉。東京はここが落ちだが,上方落語は,なれ合い喧嘩でまわりの花見客を退けた長屋の連中が,残った酒肴(しゆこう)で酒宴を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ながやのはなみ【長屋の花見】

落語の一。家主の誘いで、貧乏長屋の連中が花見に行き、茶を酒にみたてるなど貧乏ならではの工夫をする。上方落語「貧乏花見」は、長屋の連中の発議で出かける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長屋の花見
ながやのはなみ

落語。上方(かみがた)落語『貧乏花見』を、明治30年代に2代目蝶花楼馬楽(ちょうかろうばらく)がくふうを加えて東京に移した。貧乏長屋で花見に行くことになったが、家主の提案で、酒は番茶、かまぼこは大根、卵焼きは沢庵(たくあん)で代用することにした。それを持って向島(むこうじま)へ出かけたがいっこうに盛り上がらない。「卵焼き」をかじったり、「酒」に酒柱が立ったりしたあとに俳句をひねる人がいる。「長屋中歯をくいしばる花見かな」。早く酔えといわれても番茶では酔えない。1人が茶を飲みすぎて気分が悪くなり、どんな気持ちかと聞かれて「井戸へ落ちたときのような気持ちだ」。そのうちに、にせのけんかをすると、芸者や幇間(ほうかん)を連れた花見客たちが酒や肴(さかな)を残して逃げたので、長屋の者たちはそれを盗んで本物の酒盛りを始める。それを見た幇間が角樽(つのだる)を振りかざしてどなり込むが、長屋の連中に逆に脅かされる。「実は踊らしてもらおうと思って」「じゃあ、その手の樽はなんだ」「お酒のお代わりを持ってきました」。5代目柳家小さんの十八番。[関山和夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長屋の花見の関連キーワード落語の東西交流上方落語上方落語の隆盛八笑人おもと違い桜の宮花見の仇討桂米朝(3代)桂米之助《貧乏花見》

長屋の花見の関連情報