コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長屋の花見

世界大百科事典 第2版の解説

ながやのはなみ【長屋の花見】

落語。もともとは上方落語の《貧乏花見》。明治30年代に東京に移入された。貧乏長屋の連中家主に呼びだされ,店賃(たなちん)の催促ではないかとおそるおそる行ってみると,みなで花見に行こうと言う。家主が用意した酒の代り番茶,玉子焼の代りのたくあんなどを持って花見に出かけたが,番茶では酔えない。茶を飲みすぎて気分が悪くなった男が,どんな気持だと聞かれ,〈井戸に落ちた時と同じような気持だ〉。東京はここが落ちだが,上方落語は,なれ合い喧嘩でまわりの花見客を退けた長屋の連中が,残った酒肴(しゆこう)で酒宴を開く。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ながやのはなみ【長屋の花見】

落語の一。家主の誘いで、貧乏長屋の連中が花見に行き、茶を酒にみたてるなど貧乏ならではの工夫をする。上方落語「貧乏花見」は、長屋の連中の発議で出かける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長屋の花見
ながやのはなみ

落語。上方(かみがた)落語『貧乏花見』を、明治30年代に2代目蝶花楼馬楽(ちょうかろうばらく)がくふうを加えて東京に移した。貧乏長屋で花見に行くことになったが、家主の提案で、酒は番茶、かまぼこは大根、卵焼きは沢庵(たくあん)で代用することにした。それを持って向島(むこうじま)へ出かけたがいっこうに盛り上がらない。「卵焼き」をかじったり、「酒」に酒柱が立ったりしたあとに俳句をひねる人がいる。「長屋中歯をくいしばる花見かな」。早く酔えといわれても番茶では酔えない。1人が茶を飲みすぎて気分が悪くなり、どんな気持ちかと聞かれて「井戸へ落ちたときのような気持ちだ」。そのうちに、にせのけんかをすると、芸者や幇間(ほうかん)を連れた花見客たちが酒や肴(さかな)を残して逃げたので、長屋の者たちはそれを盗んで本物の酒盛りを始める。それを見た幇間が角樽(つのだる)を振りかざしてどなり込むが、長屋の連中に逆に脅かされる。「実は踊らしてもらおうと思って」「じゃあ、その手の樽はなんだ」「お酒のお代わりを持ってきました」。5代目柳家小さんの十八番。[関山和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

長屋の花見の関連キーワード柳家 小さん(4代目)柳家 小さん(5代目)蝶花楼 馬楽(3代目)金原亭馬生(10世)柳家小さん(5代)柳家小さん(4代)柳家小さん(4世)柳家小さん雷門 福助蝶花楼馬楽江戸落語古典落語川口敦子発議

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長屋の花見の関連情報