コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長谷川派 はせがわは

5件 の用語解説(長谷川派の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

長谷川派
はせがわは

桃山時代に活躍した長谷川等伯を祖とする画派。等伯には久蔵,宗宅,左近,宗也の4男子があったが,そのうち最も天分に恵まれていた久蔵が 26歳で早世し,宗宅が一時家督を継いだ。宗宅は等後と号し,法橋に叙されて『秋草図屏風』 (南禅寺) などを残しているが,等伯の没した翌年に死去。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はせがわ‐は〔はせがは‐〕【長谷川派】

桃山時代から江戸初期にかけての画派。長谷川等伯(はせがわとうはく)を祖とする。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

はせがわは【長谷川派】

桃山~江戸時代の漢画派。長谷川等伯を祖とし,江戸初期までは画家名,作品とも知られているが,中期以降のことはあまり明らかでない。初代等伯とその子久蔵は,法華宗関係の仏画,肖像画,障壁画等のほか,禅宗関係の水墨画,頂相(ちんぞう),障壁画等にも腕を振るい,狩野派,海北派,雲谷派,曾我派と並び称された。大ぶりで豪華な桃山の金碧障屛画(きんぺきしようへいが)の中で,ひときわのびやかなフォルムと明快な色彩,金地感覚を表し,法華関係者や町衆に受け入れられたのみならず,公卿・武家の需要にも応ずる広い画作の幅を持っていた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はせがわは【長谷川派】

長谷川等伯を祖とし、その画風を伝える日本画の一派。等伯以後、雪旦・雪堤らが出た。長谷川流。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

長谷川派
はせがわは

桃山から江戸初期の漢画系画派。桃山時代の長谷川等伯(とうはく)を始祖とするためこうよばれる。等伯には4人の子があったが、長男・久蔵(きゅうぞう)(1568―93)は天賦の才に恵まれながらも夭折(ようせつ)、また次男の宗宅(そうたく)(等後、?―1611)も法橋(ほっきょう)に任ぜられたものの、父の後を追うように没したため、家督を継いだのは三男の左近(さこん)(等重)であった。彼は、父等伯が「雪舟五代」を称した後を受けて雪舟六代を標榜(ひょうぼう)し、等伯様式を継承しながらも、同時代の俵屋宗達(そうたつ)からの影響をうかがわせる作品を残し、代表作に『三十六歌仙図扁額(へんがく)』(滋賀・海津神社)がある。なお長谷川派の画人には、『柳橋(りゅうきょう)図屏風(びょうぶ)』を描いた四男の宗也(そうや)(1590―1667)や長谷川宗圜(そうかん)などがあったが、しだいに町絵師的性格を強め、流派として組織的活動をどの程度行っていたか不明である。[榊原 悟]
『土居次義著『近世日本絵画の研究』(1970・美術出版社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

長谷川派の関連キーワード長谷川雪旦松林図屏風長谷川久蔵長谷川曽我派長谷川左近長谷川珠長長谷川等周長谷川等雪長谷川等林

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

長谷川派の関連情報