(読み)ビン

世界大百科事典 第2版の解説

びん【閩 Mǐn】

中国,五代十国の一つ。909‐945年。光州(河南省)の土豪王潮・王審知兄弟が福建に建てた国。唐末,光州に拠る軍閥に属したが,流賊化して福建に入り,福・泉・建・汀・漳の5州を制圧して政権を樹立した。建国初期には農業復興や隣国との活発な交易を行ったが,3代目以降は道教への没入,奢侈(しやし)による財政破綻と厳しい収奪,五代諸国の例にもれず宗室間の権力争いで隣国の侵入をうけて瓦解した。その後,武将の留氏,ついで陳氏が取って代わった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

びん【閩】

中国古代、長江の河口部の南に居住した民族をさした呼称。 → 閩越
中国、五代十国の一(909~945)。五代の初め、後梁により王審知が福建の閩王に封ぜられ、のち福州に都して国を閩と号した。南唐に滅ぼされた。
◇ 中国、福建省の古名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【五代十国】より

…中国で,907年(天祐4)にが滅び,960年(建隆1)にが成立して979年(太平興国4)に統一を完了するまでの時期を,五代十国時代という。この間,華北では後梁,後唐,後晋,後漢,後周の5王朝が興亡したので五代といい,その他の地域に前蜀,後蜀,,南唐,呉越(びん),荆南(南平),,南漢,北漢などが併存したので十国という。唐代後半の藩鎮割拠という分裂状態が唐の滅亡で極まったのがこの時代である。…

【福建[省]】より

…中国,南東部の行政区域。その名は福州と建州とを併せたもので唐代から始まり,別名の(びん)は古くこの地方にいた民族の名である。面積12万1400km2,人口3261万(1996)。…

※「閩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

閩の関連情報