コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿蘇カルデラ アソカルデラ

2件 の用語解説(阿蘇カルデラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あそ‐カルデラ【阿蘇カルデラ】

熊本県東部にあるカルデラ。面積約350平方キロメートル阿蘇山の大噴火によって形成され、約9万年前に起きた4度目の大噴火によって、ほぼ現在の形状となった。内部に阿蘇五岳がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿蘇カルデラ
あそかるでら

九州の中央、熊本県東部にあるカルデラ。世界有数の美しい地形をもつ。南北約25キロメートル、東西約18キロメートル、面積約350平方キロメートルで、火口原に5万余人が居住する。カルデラの大きさとしては、日本では屈斜路(くっしゃろ)カルデラに次いで2番目。内部には最高峰の高岳(1592メートル)や、有史以後も噴火を反復してきた中岳などの中央火口丘がある。南の火口原南郷谷(なんごうだに)を流れる白川は、北の火口原阿蘇谷を流れる黒川をあわせ、立野(たての)火口瀬から熊本平野を経て、有明海(ありあけかい)に注ぐ。阿蘇くじゅう国立公園の拠点であり、2009年(平成21)に「阿蘇ジオパーク」として日本ジオパークに選定された。
 第四紀更新世(洪積世)後期(約27万~約9万年前)に、4回の大噴火を繰り返し、約9万年前の4回目の超巨大噴火による陥没によって、ほぼ現在の阿蘇カルデラの形ができた。その後、侵食によってカルデラ壁が後退し、現在の大きさになった。この4回目の大噴火のときには、合計約600立方キロメートルもの火山灰・火砕流堆積(たいせき)物が放出され、火砕流は最長で約150キロメートル流れ、九州中北部全体を覆いつくした。また、それに伴った火山灰はほぼ日本中を覆い、北海道でも約10センチメートルの厚さで堆積した。中部九州に厚く堆積した火砕流は溶結して、見かけ上溶岩のように堅い溶結凝灰岩になり、「阿蘇溶岩」とよばれた。カルデラの内部にある中央火口丘のうち、根子(ねこ)岳だけは2回目と3回目の大噴火の間に形成された中央火口丘であると考えられている。カルデラ内には湖ができたが、更新世末ないし完新世(沖積世)初頭(約1万年前)に西側の外輪山が切断され立野火口瀬を生じ、湖水が流出した。
 なお、九州中部から南部には、阿蘇、姶良(あいら)、指宿(いぶすき)(阿多(あた))、鬼界(きかい)の四大カルデラが連なり、同様な成因でほぼ同地質時代にできたことが、1943年(昭和18)地質学者松本唯一(ただいち)(1892―1984)によって提唱された。[諏訪 彰・中田節也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の阿蘇カルデラの言及

【阿蘇山】より

…熊本県北東部にある火山。阿蘇五岳すなわち根子岳(1408m),高岳(1592m),中岳(1506m),杵島岳(1321m),烏帽子岳(1337m)を中心とする火山群とそれをとり囲む大規模な阿蘇カルデラとからなる。狭義に火山群のみをいうことも多い。…

※「阿蘇カルデラ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

阿蘇カルデラの関連キーワードマル優制度石油日本オルソクロマチック固体電解質電池民事訴訟日本のおもな植物園日本のおもな水族館公立高校の授業料無償化と私立高校生への助成両國宏

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

阿蘇カルデラの関連情報