コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸平貝塚 おかだいらかいづか

大辞林 第三版の解説

おかだいらかいづか【陸平貝塚】

茨城県稲敷郡美浦村にある縄文中・後期の貝塚。1879年(明治12)日本人による最初の発掘がなされた。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

陸平貝塚【おかだいらかいづか】

茨城県美浦(みほ)村にある縄文時代中期・後期を中心とする大規模な貝塚。1879年(明治12年),E.S.モースの弟子である佐々木忠二郎,飯島魁(いさお)が初めて日本人の手によって,学術調査を行った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おかだいらかいづか【陸平貝塚】

霞ヶ浦の西岸に突き出る稲敷台地上の,茨城県稲敷郡美浦村に存在する縄文時代中・後期の鹹水(かんすい)産貝塚。E.S.モースの弟子で大森貝塚の調査にも参加した佐々木忠次郎,飯島魁が,1879年に,霞ヶ浦に淡水貝類の調査に赴いた折にこの貝塚を発見し,発掘したもので,日本人の手になる発掘の第1号として有名である。この成果は大森貝塚の報告体裁を見本とし,《Okadaira Shell Mound at Hitachi》(1882)として刊行された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

おかだいらかいづか【陸平貝塚】


茨城県稲敷郡美浦村馬掛(まがき)の霞ヶ浦南岸中央部にある縄文時代早期から晩期にかけての馬蹄形貝塚とその集落跡。1879年(明治12)にエドワード・S・モースの薫陶(くんとう)を受けた日本人の手により、初めて発掘調査が行われた遺跡として名高い。所在するのは東西に約250m、南北に約150mの舌状台地上で、台地の斜面に大小8つの貝塚が点在する。貝層は環状に分布しており、遺物は土器や土偶、土製品、石器、骨角器、貝製品が出土。動物遺体としてはハマグリを中心に、シオフキ、サルボウ、ハイガイ、マガキ、アカニシなどの内湾に生息する貝の貝殻のほか、クロダイ、スズキ、フグなどの魚骨、シカ、イノシシ、ウサギなどの獣骨も出土した。国内でも規模の大きい貝塚群であり、その変遷過程も明瞭に推察できる貴重な遺跡であることから1998年(平成10)に国の史跡に指定された。発掘調査をもとに竪穴(たてあな)式住居などが復元されている。JR常磐線土浦駅からJRバス「大谷」下車、徒歩約25分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸平貝塚
おかだいらかいづか

茨城県稲敷(いなしき)郡美浦(みほ)村馬掛(まがき)にある縄文時代中期から後期にわたる遺跡。1879年(明治12)飯島魁(いさお)、佐々木忠次郎の発掘と「常州陸平介墟(かいきょ)報告」は日本人学者による最初の考古学発掘調査である。また「陸平式」は縄文土器編年研究の先駆となり、学史的意義の高い遺跡である。台地斜面に8地点のハマグリ、サルボウなどを主体とする純鹹(じゅんかん)貝塚が長径250メートルの範囲に広がり、中・後期の集落跡が貝塚の内側にあるものと推定される。阿玉台(おたまだい)・加曽利(かそり)E・堀之内・安行(あんぎょう)式土器、石斧(せきふ)、石剣、土偶が出土。保存良好な屈指の大貝塚で、1998年(平成10)国の史跡に指定された。[十菱駿武]
『『茨城県史料 考古資料編 先土器・縄文時代』(1979・茨城県)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

陸平貝塚の関連キーワード美浦(村)クロダイイノシシハマグリ発掘調査ハイガイ飯島 魁マガキ骨角器内湾遺跡獣骨晩期

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

陸平貝塚の関連情報