コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯島魁 いいじまいさお

7件 の用語解説(飯島魁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飯島魁
いいじまいさお

[生]文久1(1861).6.17. 浜松
[没]1921.3.14
動物学者。東京開成学校を経て東京大学理学部生物学科卒業 (1881) 。ライプチヒ大学で R.ロイカルトに師事した (82~84) 。東京大学教授 (86~1920) として日本における動物学の創設に貢献,1906年帝国学士院会員。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いいじま‐いさお〔いひじまいさを〕【飯島魁】

[1861~1921]動物学者。静岡の生まれ。東大教授。海綿・人体寄生虫・鳥など広範囲にわたる研究を行い、日本の近代動物学の基礎を築いた。著「動物学提要」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

飯島魁【いいじまいさお】

動物学者。浜松に生まれ,東大生物学科卒業後,ドイツに留学。のち東大教授として日本の近代動物学建設に貢献。海綿動物の研究をはじめ,鳥学,寄生虫学などに寄与。大著《動物学提要》(1918年)は多年にわたり日本の標準的動物学教科書となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯島魁 いいじま-いさお

1861-1921 明治-大正時代の動物学者。
文久元年6月17日生まれ。ドイツのライプチヒ大に留学。明治19年帝国大学教授となり,37年三崎臨海実験所長。日本の近代動物学の先駆者のひとりで,海綿類のほか,寄生虫,鳥類の研究で知られる。39年学士院会員。大正10年3月14日死去。61歳。遠江(とおとうみ)(静岡県)出身。東京大学卒。著作に「人体寄生動物編」「動物学提要」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

飯島魁

没年:大正10.3.14(1921)
生年:文久1.6.17(1861.7.24)
明治大正期の動物学者。浜松城下(浜松市)の藩士の家に生まれ,明治10(1877)年東大に入り動物学を学ぶ。在学中にモースの教えを受け,卒業後ドイツに留学し,明治19年帝大(東大)教授。昭和前半までの動物分類学者のうち,昆虫学者以外の大半が彼の薫陶を受けた。海綿の研究で世界的に著名であるほか,『人体寄生動物編』(1888)は日本の寄生虫学の第一歩となり,『日本の鳥目録』(1891)は日本人による鳥類研究および現和名の出発点となった。『動物学提要』(1918)は明治大正の日本動物学を集大成した名著。草創期にまさに適した,幅広く堅実な学者だった。

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いいじまいさお【飯島魁】

1861~1921) 動物学者。静岡県生まれ。東大卒。海綿の研究と、鳥・寄生虫に関する研究が多い。著「動物学提要」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飯島魁
いいじまいさお
(1861―1921)

動物学者。遠江(とおとうみ)国(静岡県)浜松に生まれ、東京開成学校を経て、1881年(明治14)東京大学理学部生物学科を卒業。1882~1885年ドイツのライプツィヒ大学に留学、ロイカルトのもとで動物学、寄生虫学を修め、ウズムシ類の研究や単生虫の生殖腸管の発見などの業績を残した。帰国後の1886年、26歳で東京帝国大学の教授となり、動物学と寄生虫学の講義を受け持つ。その研究は、カイメン類、ウズムシ類、寄生虫類、ヒル類、鳥類など広範囲にわたり、寄生虫では広節裂頭条虫(日本海裂頭条虫)の幼虫をマスにみつけ、自体感染によりマスが中間宿主になることを明らかにしたり、大複殖門条虫の人体寄生第一例の発見などの業績がある。日本における近代動物学の基礎を築き、五島清太郎(せいたろう)など優秀な門下生が輩出した。『人体寄生動物編』(1888)、『動物学提要』(1918)などの著書がある。[町田昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の飯島魁の言及

【陸平貝塚】より

…霞ヶ浦の西岸に突き出る稲敷台地上の,茨城県稲敷郡美浦村に存在する縄文時代中・後期の鹹水(かんすい)産貝塚。E.S.モースの弟子で大森貝塚の調査にも参加した佐々木忠次郎,飯島魁が,1879年に,霞ヶ浦に淡水貝類の調査に赴いた折にこの貝塚を発見し,発掘したもので,日本人の手になる発掘の第1号として有名である。この成果は大森貝塚の報告体裁を見本とし,《Okadaira Shell Mound at Hitachi》(1882)として刊行された。…

【水族館】より

…海水槽20,淡水槽9基のこの水族館には,日本最初の循環装置がとりつけられた。これは当時東大教授で動物学界のリーダーであった飯島魁の指導によるものであった。1903年に開設された堺水族館(当初は第5回内国勧業博覧会の施設であったが,後に堺市立となる)も飯島の指導によってろ過循環装置をそなえ,大水槽(幅7.2m,奥行2.4m,水深1.7m)を実現した画期的なもので,いわゆる水族館とよべる本格的な施設であった。…

※「飯島魁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

飯島魁の関連キーワード浜松市浜松市動物園はまZOO浜松城公園浜松市美術館静岡県浜松市天竜区大谷静岡県浜松市中区中央静岡県浜松市中区松城町静岡県浜松市中区元城町浜松城下

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飯島魁の関連情報