コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸軍総裁 りくぐんそうさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸軍総裁
りくぐんそうさい

江戸幕府の職名。文久1 (1861) 年幕府は陸軍総裁をおき,陸軍に関する総務を統轄させた。初代総裁は徳島藩蜂須賀斉裕が就任したが,これは名目的なもので設置後すぐに廃止慶応2 (66) 年再設され,田野口藩老中格松平 (大給〈おぎゅう〉) 乗謨 (のりかた) が兼任し,次いで同4年勝海舟が専任となり,同年4月廃止された。 (→陸軍奉行 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りくぐん‐そうさい【陸軍総裁】

江戸幕府の職名。幕府陸軍の総轄者。文久2年(1862)設置、慶応4年(1868)廃止。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

陸軍総裁【りくぐんそうさい】

幕末に設置された江戸幕府陸軍を統轄する役職。1863年阿波徳島藩主蜂須賀斉裕(はちすかなりひろ)が海軍総裁兼任で任じられたが,これは臨時的なもので,幕府職制改革後の1866年に老中格の松平(大給(おぎゅう))乗謨(のりあきら)が兼任となってから正規の役職。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

りくぐんそうさい【陸軍総裁】

幕末の江戸幕府陸軍の総轄者。幕府は軍制改革の過程で1862年(文久2)西洋式の陸軍三兵を組織し,元帥に相当する陸軍総裁職を設け,12月8日徳島藩主蜂須賀斉裕(なりひろ)を任じた。翌年1月斉裕が辞任の後,陸海軍の総括は老中の任務となり,64年(元治1)から65年(慶応1)にかけては海陸軍総奉行兼帯の老中格松前崇広(たかひろ)が陸海軍行政の専任を務めた。66年(慶応2)老中格松平乗謨(のりあきら)が陸軍総裁となり,海軍,国内事務,外国事務,会計の各総裁にもそれぞれ老中が任じられ,67年6月幕閣の五局専任制が発足した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

りくぐんそうさい【陸軍総裁】

江戸幕府の職名。陸軍奉行の上位で幕府陸軍を総轄。1862年設置されたが、まもなく廃止。徳川慶喜の軍制改革により復活したが、68年廃止。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸軍総裁
りくぐんそうさい

幕末期、陸軍の事務を総轄した江戸幕府の職名。1862年(文久2)の幕府の軍制改革案では、海軍総裁に次ぐ第二位に置かれていたが、海軍改革案は実現せず、陸軍総裁が同年12月18日設置された。これは三兵(歩・騎・砲)を統轄した陸軍奉行(ぶぎょう)の上位にあり、蜂須賀斉裕(はちすかなりひろ)(阿波(あわ)藩主)が任じられた。66年(慶応2)12月からは老中格松平(大給(おぎゅう))乗謨(のりたか)(信濃(しなの)田野口(たのくち)藩主)が兼任し、68年一月より勝義邦(かつよしくに)(海舟(かいしゅう))が軍艦奉行から就任、同年4月に辞任、廃止された。[田中 彰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

陸軍総裁の関連キーワードシャノアーヌ大久保忠寛松平容保軍艦奉行徳川慶喜会計総裁江戸開城大給恒若年寄旗本