コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠忍自重 インニンジチョウ

デジタル大辞泉の解説

いんにん‐じちょう【隠忍自重】

[名](スル)怒りや苦しみをじっと抑えて外に表さず、軽はずみな行動をしないこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんにんじちょう【隠忍自重】

( 名 ) スル
ひたすら我慢して軽々しい振る舞いを慎むこと。 「大事を前に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠忍自重の関連キーワードフェビアン主義真田信之怒り武王自重武帝

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隠忍自重の関連情報