コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

電波監理 でんぱかんり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

電波監理
でんぱかんり

電波の有限性と他地域への伝達性から,これを国際的および国内的に監理すること。国内的には電波配分行政やそれに付随する行政につき電波法が,また放送の公共福祉適合と健全な発達のために放送法が定められている。これにより,無線局開設には総務大臣の免許を要し,無線設備,無線従事者および無線局の運用につき規制を受ける。またこれらの監理のために電波監理審議会がおかれ,総務大臣は法律に定めがある場合これに諮問してその議決を尊重し措置しなければならない。総務大臣の処分についての異議申立には,却下の場合を除いてこの電波監理審議会の議に付さねばならない。国際的には国際電気通信条約が定められている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

でんぱ‐かんり【電波監理】

電波を公平かつ能率的に利用するため、国が電波の割り当てや運用基準などを定めて監督すること。総務省が担当。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

でんぱかんり【電波監理】

近年の著しい科学技術の進歩や社会経済の発展に伴い,電波利用はますます増大の傾向にあり,日本の無線局数は200万局を突破している。その利用分野も今日では放送,公衆通信をはじめ,運輸,漁業,気象,防災,治安,電力,アマチュアなど経済,国民生活のあらゆる分野にわたっており,現代社会の情報通信網の中核として電波は重要な役割を果たしている。この電波は空間を自由に飛び交い,国内はもちろん世界中に伝わっていく特性を有しているので,電波の発射を放任すると,相互に混じって受信されるなど電波の利用に混乱が生じる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

電波監理
でんぱかんり

電波の公平かつ能率的な利用を確保するための行政を電波監理という。電波は有限な資源であり、しかも広く伝わって相互に影響を与える性質があるため、その利用にあたっては基準を定め、これを守ることが必要である。総務省(地方では総合通信局等)が所管している。
 電波監理の内容は、(1)限られた電波資源を有効、公平に無線局に割り当てること、(2)無線局の技術基準や運用基準を定めること、(3)技術基準や運用基準が守られているかどうかを監督すること、(4)無線従事者の免許を与えること、(5)電波の利用方法や安全性について調査研究を行うこと、などである。情報通信技術の進歩を適時に活用するための法制度見直しが進められており、電波監理の重点も変化しつつある。電波監理は国際電気通信連合憲章、国際電気通信連合条約、無線通信規則、電波法などの法令に従って行われ、国際的な計画・調整等は、国際電気通信連合(ITU)で行われている。[笠井哲哉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

電波監理の関連キーワード日本版FCC通信放送委員会電波監理委員会放送史(年表)横山 英太郎抜山 平一ラジオ放送富安 風生渋沢 秀雄参与機関行政機関DISA民間放送ラジオ合議制郵政省審判

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

電波監理の関連情報