コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青年ドイツ派 せいねんドイツは

百科事典マイペディアの解説

青年ドイツ派【せいねんドイツは】

〈若きドイツ〉とも。1830年―1850年ころのドイツ文学に現れた運動で,Junges Deutschlandという。文学の政治参加をモットーとし,著作禁止令のもとで民主的自由のために戦い,ジャーナリスティックな活動に新分野を開拓,リアリズムへの傾向を促進した。代表作家はカール・グツコー〔1811-1878〕,ハインリヒ・ラウベ〔1806-1884〕,ベルネハイネなど。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せいねんドイツは【青年ドイツ派 Junges Deutschland】

フランスの七月革命(1830)から衝撃をうけたドイツの急進的作家グループによる〈文学革命〉運動。ドイツ近代文学史上,シュトゥルム・ウント・ドラングにつぐ2番目の知識人の運動とみなされるが,1835年12月のドイツ連邦議会による著作発行の全面的禁止令により,あえなく壊滅する。当時,スイスには政治亡命したドイツ人職人たちの同名の集団が活躍していたが,おそらくメッテルニヒはスイスとドイツの,現実にはありもしない両組織の連動を恐れたのである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青年ドイツ派
せいねんどいつは
Das Junge Deutschland

フランス七月革命(1830)から衝撃を受けたドイツの急進的作家グループによる「文学革命」運動。「若きドイツ」ともいう。その名は、『美学征伐』(1834)の巻頭に書かれたウィーンバルクの「老いたドイツではなく、若きドイツに捧(ささ)げる」とした献辞に由来する。彼らはサン・シモン主義やヘーゲル哲学の影響関係に応じて、ライン右岸グループ(L・ウィーンバルク、K・グツコーら)とベルリン・グループ(H・ラウベ、T・ムント、G・キューネら)に分かれる。1835年12月の、ドイツ連邦議会による全面的禁止令により壊滅するが、彼らの運動が七月革命後のドイツの精神界に少なからぬ新風を巻き起こした事実は、これまで過小に評価されてきた。ハイネのいう「芸術時代の終焉(しゅうえん)」は彼らに共通した時代意識であり、それを抜きにして、ゲーテの「復古の文学」に対置する彼らの「行動の文学」は理解できない。「われわれの文学革命は批評を通じて始まった」とはグツコーの有名なことばである。そして彼らは、そのような立場から、宗教的自由、女性の解放、ユダヤ人の市民的平等などをテーマとする活発な批評活動を展開する(幻の雑誌に終わった『ドイツ評論』は、そのための壮大な実験になるはずであった)。彼らが「文学的批評」を、ドイツ三月革命(1848)前期におけるもっとも重要なジャンルに発展させた意義は大きい。[林 睦實]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の青年ドイツ派の言及

【ベルネ】より

…パリ移住後のベルネの政治評論を代表する《パリ便り》(1832‐34)は機知に富む鋭利な文体を駆使して,ドイツの時代錯誤の現状を容赦なくあばきだした。ハイネと並ぶ青年ドイツ派のリーダー格とみなされたが,ハイネとは晩年に決別。その50年の生涯は,自己の共和主義的信念をかたくなに守りぬいた清楚な革命家の一生であった。…

※「青年ドイツ派」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

青年ドイツ派の関連キーワードシュトゥルム・ウント・ドラングレワルト・シュタールシュワーベン詩派メンツェルベックムント

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android