コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

非人手下 ひにんてか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

非人手下
ひにんてか

江戸時代,庶人に科せられた刑罰の一つ。『公事方御定書』には,以前よりの例として,「弾左衛門立会いのうえ,非人頭へ渡す」とある。つまり,その籍に入れ,非人としてしまうことをいう。また,特に罪科の重い場合は,遠国に送遣して遠国非人手下とされた。心中 (相対死) して双方とも死にそこなった場合には,男女とも3日さらしのうえ弾左衛門引渡しに,また姉妹,伯母,姪と密通した場合には遠国非人手下にそれぞれ処せられる定めであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ひにん‐てか【非人手下】

江戸時代、庶民に科した刑罰の一。非人身分に落とし、非人頭(ひにんがしら)の配下に編入した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひにんてか【非人手下】

江戸時代の刑罰のうちの一種で,罪人を非人身分に落とすもの。幕府の《公事方御定書》によれば,以下のような場合に科せられた。姉,妹,伯母,姪との密通は,男女ともに遠国非人手下。不義の男女が相対死(あいたいじに)(心中)を図り,双方死にそこなったときは,両人ともに三日(さらし)のうえ非人手下。主人と下女とが相対死をして,主人のみ生き残ったときは,その主人は非人手下。三笠付(みかさづけ)の句拾いや,取退無尽(とりのきむじん)の札売り(いずれも賭博の取次)は家財取上非人手下。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ひにんてか【非人手下】

江戸時代、庶民に科した付加刑。身分を非人に落とし、弾左衛門立ち会いのもと非人頭に渡してその配下とする。罪の重い者は遠国の非人手下とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

非人手下の関連キーワード晒(刑罰)俳諧賭博江戸時代付加刑

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android