コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓鍛冶部(読み)からかぬちべ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓鍛冶部
からのかぬちべ

韓土(かんど)渡来の鍛冶部、すなわち渡来系の新技術を有する鍛冶職集団の称。倭鍛冶部(やまとのかぬちべ)に対する。『古事記』応神(おうじん)段に、手人韓鍛(てひとからかぬち)名は卓素(たくそ)なる者を百済(くだら)から貢上した、とあるのが早い例で、以後数多く渡来したらしく、その分布は大和(やまと)、近江(おうみ)、丹波(たんば)、播磨(はりま)、紀伊、讃岐(さぬき)の諸国に及ぶ。これらのなかには官位を得たり、日本姓に改姓を認められたり、郡の大領(長官)として巨富を蓄えたりする者も現れたから、韓・倭の別もしだいに不分明となった。[黛 弘道]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の韓鍛冶部の言及

【鍛冶部】より

…大化改新以降もその一部は解放されず,雑戸(ざつこ)の鍛戸に編成され,造兵司,鍛冶司,典鋳司等に配属された。
[韓鍛冶部]
 《古事記》応神段に百済より韓鍛の卓素が貢上されたとあり,百済系技術者を組織したもので,彼らは各地に居住し伴造(とものみやつこ)の韓鍛冶首(おびと)に率いられて宮廷工房に上番した。8世紀の文献によると,韓鍛冶(辛鍛冶,辛鍛部,辛金部,韓鉄師部,韓鍛)の名を有するものが近江,丹波,播磨,紀伊,讃岐と広く散在している。…

※「韓鍛冶部」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android