コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韮崎[市] にらさき

2件 の用語解説(韮崎[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

韮崎[市]【にらさき】

山梨県北西部の市。1954年市制。釜無(かまなし)川と塩川の合流点を占める。中心市街は江戸時代甲州道中と佐久往還を分岐する宿場町,富士川舟運の終点として発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

にらさき【韮崎[市]】

山梨県北西部の市。1954年韮崎町,穂坂村ほか9村が合体,市制。人口3万2097(1995)。甲府盆地北西端,釜無川八ヶ岳方面から流れる塩川の合流点付近に位置し,東は茅ヶ岳(かやがたけ),西は鳳凰(ほうおう)山に囲まれる。旧韮崎町は江戸時代,甲州道中の宿駅,水運の拠点であったが,1903年中央本線が開通してこれに代わった。中央自動車道,国道20号・52号・141号線などが通じ,現在も北巨摩(きたこま)地方の交通・商業の中心地で,近年は機械,電気機器工業などが盛んになっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

韮崎[市]の関連キーワード佐原健二プリンスセダン AISH-2型小島信夫いわき(市)自衛隊次郎長三国志山の音アルジェリア戦争道路整備計画マン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone