コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韮崎[市] にらさき

世界大百科事典 第2版の解説

にらさき【韮崎[市]】

山梨県北西部の市。1954年韮崎町,穂坂村ほか9村が合体,市制。人口3万2097(1995)。甲府盆地北西端,釜無川と八ヶ岳方面から流れる塩川の合流点付近に位置し,東は茅ヶ岳(かやがたけ),西は鳳凰(ほうおう)山に囲まれる。旧韮崎町は江戸時代,甲州道中の宿駅水運の拠点であったが,1903年中央本線が開通してこれに代わった。中央自動車道,国道20号・52号・141号線などが通じ,現在も北巨摩(きたこま)地方の交通・商業の中心地で,近年は機械,電気機器工業などが盛んになっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

韮崎[市]の関連キーワード鳳凰山

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android