コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須木 すき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須木
すき

宮崎県南西部,小林市東部の旧村域。九州山地の南部にあたり,綾北川,本庄川 (→綾南川 ) の上流域に位置し,田代八重ダム,綾川ダムがある。 2006年小林市と合体。江戸時代は薩摩藩領。大森岳 (1109m) をはじめ七熊山 (929m) ,西俣山 (917m) などの山々が連なり,ほとんどが国有林のため林業が中心。特産に山茶があり,木材,クリも産する。須木の滝 (まま子滝) ,須木村古墳などの景勝地や史跡もある。小林市市街地へは古くから軍谷峠を越えるルートが使われている。大森岳は九州中央山地国定公園の最南端にあたる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

須木

宮崎県、すき酒造株式会社が製造する芋焼酎銘柄

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

須木
すき

宮崎県南西部、西諸県(にしもろかた)郡にあった旧村名(須木村(そん))。現在は小林(こばやし)市の北東部を占める地域。旧須木村は2006年(平成18)小林市に合併。中世ごろから「須木」の地名が現れる。旧村域は全域が九州山地に含まれ、平地に乏しい。大淀(おおよど)川の支流、綾北(あやきた)川、綾南(あやみなみ)(本庄(ほんじょう))川の源流地帯で、この水は水力発電後、宮崎平野周辺部の洪積台地の灌漑(かんがい)用水に利用される。国道265号が通じる。近世は薩摩(さつま)藩領。農林業が中心で、シイタケ栽培、畜産が盛ん。碁盤材としてのカヤ、またクリやユズなどが特産品である。県指定名勝のままこ滝がある。[横山淳一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

須木 (スギ)

学名:Cryptomeria japonica
植物。スギ科の常緑針葉高木,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

須木の関連キーワード宮崎県小林市須木中原前田山 英五郎綾川(宮崎県)宮崎県小林市黒木 清次須木[村]小林(市)宗一郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

須木の関連情報