須玖岡本遺跡(読み)すぐおかもといせき

国指定史跡ガイドの解説

すぐおかもといせき【須玖岡本遺跡】


福岡県春日市岡本にある弥生時代中期の墳墓群。春日市の西方に広がる春日丘陵北部には、弥生時代の遺跡が密集しており、須玖岡本遺跡もその一つ。この一帯は遺跡や遺物の質と量から、『後漢書』「東夷伝」や「魏志倭人伝」に登場する倭の奴国(なこく)の中心部と推定されている。1979~80年(昭和54~55)の発掘調査によって、弥生時代中期の甕棺墓(かめかんぼ)116基、土坑墓・木棺墓9基と、これにともなう祭祀遺構が発見された。一部破壊されたものなどを含めると300基を超えると推測され、西側の一段低くなった平坦地で住居跡が発見され、弥生時代のムラの墓地と居住域の関係が明らかになった。出土品に小銅鐸(しょうどうたく)鋳型や木棺墓から出土した銅剣などがある。甕棺には約30面の中国の前漢時代に造られた銅鏡(前漢鏡)、ガラス璧(へき)、勾玉(まがたま)などの副葬品をともなったものもあり、土器類も多い。1986年(昭和61)に岡本遺跡として国指定史跡になり、2000年(平成12)に現在の名称に変更され、その後、追加指定が行われている。周辺一帯が整備された奴国の丘歴史公園になり、2つあるドーム形の展示館では、発掘当時の状態で甕棺墓群の一部や祭祀遺構が見学できる。JR鹿児島本線南福岡駅から徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android