コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外陰炎 がいいんえん vulvitis

5件 の用語解説(外陰炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

外陰炎
がいいんえん
vulvitis

女性性器の腟口,大・小陰唇,周囲の皮膚などを外陰部と呼ぶが,この部分の炎症のこと。カンジダトリコモナス,細菌などの感染による。多くの場合に腟炎を伴い,腟からの分泌物で汚染されて起る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

外陰炎【がいいんえん】

外陰部に起こる炎症の総称。外陰部の皮膚炎,頑癬(がんせん),外陰カンジダ症,外陰ヘルペス疱疹),尖圭(せんけい)コンジロームベーチェット病など多種のものが含まれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

がいいんえん【外陰炎 Vulvitis】

[どんな病気か]
 外陰部におこる炎症を総称して外陰炎といいます。外陰は、腟(ちつ)からの分泌物(ぶんぴつぶつ)(おりもの)、尿、便で不潔になり、炎症をおこしやすいところです。しかし、正常な月経周期をもつ健康な女性は、卵巣(らんそう)から分泌されるエストロゲンという女性ホルモンの影響で、細菌などに対する抵抗力が強く、簡単には炎症はおこりません。
 ところが、幼児や老人、妊婦や産褥期(さんじょくき)の人、さらに糖尿病(「糖尿病」)をもっている人は、外陰部の抵抗力が少なく、炎症がおこりやすくなります。
[原因]
 ひっかき傷やけがなどの外傷、腟炎(ちつえん)(「腟カンジダ症(カンジダ腟炎)」)の原因となる病原微生物、月経時の手当が不適切であったり、ナプキンや下着にかぶれておこるものなどがあります。
[症状]
 外陰部の腫(は)れ、かゆみ、痛みなどがおもな症状です。かいたあとに細菌感染などをおこすと、症状はさらに悪化します。
[治療]
 腟炎や糖尿病があれば、まずそれを治療しましょう。排尿のたびに、かゆみ止めや抗炎症薬の軟膏(なんこう)を塗りますが、必要に応じて抗生物質副腎皮質(ふくじんひしつ)ホルモン剤を使用します。
 治療中は、とくに局所を清潔に保つようにしますが、石けんはかえって刺激になるので、ぬるま湯でよく流し、そのあと軟膏を塗るようにします。また局所をしめつけるような下着やズボンも避けたほうがよいでしょう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

がいいんえん【外陰炎 vulvitis】

女性の外陰部(大小陰唇・恥丘・陰核・腟前庭・尿道口・バルトリン腺を含む)の炎症性疾患をいう。通常の皮膚・粘膜にみられるかぶれ,間擦疹,毛囊炎,癤(せつ)などの炎症性疾患と,性器に特有な炎症とがある。後者には,性行為と関連する感染症(これを性行為感染症という)すなわち性病,性器ヘルペス症,トリコモナス症や真菌(カンジダ)症,バルトリン腺炎などがある。年齢によって好発疾患が異なる。小児期や老年期には接触皮膚炎や細菌性炎症が多く,性成熟期にはカンジダ症や上記の性行為感染症などが増加する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

外陰炎
がいいんえん

女性性器の外陰部に生ずる炎症で、患部が赤く晴(は)れ、痛みやかゆみがあり、運動時や排尿時に激しくなり、ひどいときには会陰(えいん)から肛門(こうもん)の周囲まで広がる。普通、腟(ちつ)炎と合併して現れることが多く、外陰腟炎の形をとる。また、慢性化すると湿疹(しっしん)状となる。原因としては中毒疹やじんま疹など皮膚科的疾患によるもの、性病や結核など特異的な感染源によるもの、さらに一般細菌などによるもの(非特異性外陰炎)がある。妊婦、高齢者、糖尿病患者などがかかりやすい。代表的なものに、カンジダなど真菌による外陰真菌症をはじめ、左右の腟入口部の腺(せん)が淋菌(りんきん)などの細菌によって炎症をおこすバルトリン腺炎(膿(うみ)が貯留するとバルトリン腺膿瘍(のうよう)となる)やウイルスによると考えられるいぼ状の腫瘤(しゅりゅう)ができる尖圭(せんけい)コンジローム(尖圭コンジローマ)などがある。[新井正夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

外陰炎の関連キーワード外陰陰唇癒合外陰痒症外陰部ベーチェット病薬剤性ミオパチー耳介軟骨膜炎口腔底膿瘍歯肉腫(エプーリス)ゴルフ肘平泳ぎ膝

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone