コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風神・雷神 ふうじん・らいじん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風神・雷神
ふうじん・らいじん

風の神と雷の神。仏教では千手観音眷属として二十八部衆とともに安置される。三十三間堂鎌倉時代木像建仁寺蔵の俵屋宗達筆と伝えられる屏風は有名。東京,浅草寺の門にはこの2神が安置されているので雷門という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風神・雷神
ふうじんらいじん

風をつかさどる神と雷電をつかさどる神の一対。この二神が一対となって登場するのはもっぱら仏教美術のテーマとしてである。
 風神は十二天の一つの風天と同じで、風袋を両手で掲げて疾駆するその姿がカニシカ王の銅貨にみられる。また同王の金貨にはギリシア神話の風神アネモスの同様の姿がみられる。敦煌(とんこう)第249窟(くつ)の壁画には、これと同じ姿をした風神と身の回りに輪状に太鼓を連ねた雷神の組合せがみられる。日本では京都の蓮華王院(れんげおういん)本堂(三十三間堂)の彫刻、建仁(けんにん)寺の俵屋宗達(たわらやそうたつ)筆屏風(びょうぶ)絵に同系統の風神・雷神図(ともに国宝)がみられる。東京の浅草(せんそう)寺の大門には風神・雷神の像があるので雷門(かみなりもん)と称するようになった。[定方 晟]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

風神・雷神の関連キーワードエキスポランド・ジェットコースター死傷事故京都府京都市東山区小松町エキスポランド事故エキスポランド小糸 源太郎今村 紫紅月岡 栄貴逸見 東洋前田 青邨冨田 渓仙金碧障屏画尾形光琳元禄文化安田靫彦今村紫紅前田青邨酒井抱一辻 光典月岡栄貴逸見東洋

風神・雷神の関連情報