コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十八部衆 にじゅうはちぶしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二十八部衆
にじゅうはちぶしゅう

仏教修行者を保護する 28部の善神。正しくは「千手観音二十八部衆」という。ただし,28部の名称については文献によって多少の異同がある。三十三間堂鎌倉時代の像がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にじゅうはちぶ‐しゅう〔ニジフハチブ‐〕【二十八部衆】

千手観音眷属(けんぞく)である、28人の善神。神名には諸説があり、一定でない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

にじゅうはちぶしゅう【二十八部衆】

千手観音の眷属で,千手観音を信仰するものを守る二十八部の護法善神。千手観音二十八部衆,観音二十八部衆などともいう。唐の伽梵達摩訳《千手千眼観世音菩薩広大円満無礙大悲心陀羅尼経》,唐の善無畏訳《千手観音造次第法儀軌》などに説かれているが,二十八の名称については諸経に多少の差がある。現存作例の中で最も著名な京都蓮華王院(三十三間堂)像を例示すると,(1)密迹(みつしやく)金剛力士,(2)摩醯首羅(まけいしゆら)王,(3)那羅延堅固(ならえんけんご)王,(4)金毘羅(こんぴら)王,(5)満善車(まんぜんしや)王,(6)摩和羅(まわら)王,(7)畢婆迦羅(ひつぱから)王,(8)五部浄(ごぶじよう),(9)帝釈天,(10)大弁功徳(だいべんくどく)天,(11)東方天,(12)神母(じんも)天,(13)毘楼勒叉(びるろくしや)天王,(14)毘楼博叉(びるばくしや)天王,(15)毘沙門天王,(16)金色孔雀王,(17)婆藪(ばすう)仙人,(18)散脂(さんし)大将,(19)難陀(なんだ)竜王,(20)沙迦羅(さから)竜王,(21)阿修羅王,(22)乾闥婆(けんだつば)王,(23)迦楼羅(かるら)王,(24)緊那羅(きんなら)王,(25)摩睺羅伽(まごらか)王,(26)大梵天王,(27)金大王,(28)満仙王とあり,さらに雷神と風神を加えて30尊により構成されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

にじゅうはちぶしゅう【二十八部衆】

〘仏〙 護法神。特に、真言陀羅尼の誦持者を擁護する神。千手観音の眷族けんぞくの称。神名は一定ではない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二十八部衆
にじゅうはちぶしゅう

観音(かんのん)、とくに千手(せんじゅ)観音の従者をいう。その名称には異説があるが、金剛力士・梵天(ぼんてん)・帝釈天(たいしゃくてん)・四天王・八部衆・風神・雷神・弁才天・金毘羅(こんぴら)・婆籔(ばす)仙人などに六王・一大将・一天を加えた28の眷属(けんぞく)で、大乗仏教に出るおもな天部をまとめたものとなっている。京都の三十三間堂(蓮華王院(れんげおういん))にある彫像(国宝)は鎌倉時代のものとして有名である。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

二十八部衆の関連キーワード常楽寺(滋賀県)大和[町]風神・雷神真言陀羅尼大元帥明王風神・雷神護法神行道面持者天部摺仏

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android