コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

風連 ふうれん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風連
ふうれん

北海道中北部,名寄市南部の旧町域。 1953年町制施行。 2006年名寄市と合体。地名はアイヌ語フレペツ (赤い川の意) に由来。名寄盆地北部の農業地域。米作酪農カボチャ豆類などの栽培が行なわれる。幌加内町北部の朱鞠内湖から導水される雨竜発電所が北西部にあり,一帯は朱鞠内道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風連
ふうれん

北海道中央部、上川(かみかわ)支庁(現、上川総合振興局)管内にあった旧町名(風連町(ちょう))。現在は名寄(なよろ)市の南西部を占める地域。旧風連町は1953年(昭和28)町制施行。2006年(平成18)、名寄市に合併。旧町域はJR宗谷(そうや)本線、国道40号が通じる。旧名寄市と南の士別(しべつ)市の間に位置し、中央部は名寄盆地の盆地床で水田地帯となっており、天塩(てしお)川がその西縁を北流する。東部の山地と風連別川の流域はもと御料地であり、国有林が広い。町名は風連別川のフーレペッ(赤い川の意)に由来する。西部に朱鞠内(しゅまりない)湖から導水する雨竜(うりゅう)発電所があり、最大出力5万1000キロワット、道内最大の水力発電所である。[岡本次郎]
『『風連町史』(1967・風連町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

風連の関連キーワード北海道苫前郡初山別村十一谷義三郎風連鍾乳洞宮崎車之助今村百八郎鶴田伍一郎大田黒伴雄太田黒伴雄神風連の乱納言 恭平風連〈町〉荒木 精之敬神党の乱小林恒太郎愛敬元吉愛敬正元加屋霽堅高津運記士族反乱山内憲氏

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風連の関連情報