風連(読み)ふうれん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風連
ふうれん

北海道中北部,名寄市南部の旧町域。 1953年町制施行。 2006年名寄市と合体。地名はアイヌ語フレペツ (赤い川の意) に由来。名寄盆地北部の農業地域。米作酪農カボチャ豆類などの栽培が行なわれる。幌加内町北部の朱鞠内湖から導水される雨竜発電所が北西部にあり,一帯は朱鞠内道立自然公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風連
ふうれん

北海道中央部、上川(かみかわ)支庁(現、上川総合振興局)管内にあった旧町名(風連町(ちょう))。現在は名寄(なよろ)市の南西部を占める地域。旧風連町は1953年(昭和28)町制施行。2006年(平成18)、名寄市に合併。旧町域はJR宗谷(そうや)本線、国道40号が通じる。旧名寄市と南の士別(しべつ)市の間に位置し、中央部は名寄盆地の盆地床で水田地帯となっており、天塩(てしお)川がその西縁を北流する。東部の山地と風連別川の流域はもと御料地であり、国有林が広い。町名は風連別川のフーレペッ(赤い川の意)に由来する。西部に朱鞠内(しゅまりない)湖から導水する雨竜(うりゅう)発電所があり、最大出力5万1000キロワット、道内最大の水力発電所である。[岡本次郎]
『『風連町史』(1967・風連町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風連の関連情報