コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛騨郡代 ひだぐんだい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛騨郡代
ひだぐんだい

江戸時代,飛騨 (岐阜県北部) を中心とする幕府直轄領を支配した地方官職名元禄5 (1692) 年幕府は飛騨高山藩主金森頼とき (よりとき) を出羽上山に移封して飛騨を天領とし,関東代官に飛騨代官を兼務させた。安永6 (1777) 年にいたって郡代をおき飛騨3万 8000石を中心として美濃加賀越前などの一部を支配させ,以後明治維新までその支配が続いた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飛騨郡代
ひだぐんだい

勘定奉行(ぶぎょう)の支配下に属し、関東・美濃(みの)・西国筋(さいごくすじ)郡代に次ぐ江戸幕府の職名。1692年(元禄5)飛騨国(岐阜県北部)領主金森頼(かなもりよりとき)転封後、高山に陣屋を置いて関東代官伊奈(いな)半十郎忠篤(ただあつ)が兼任したのが始まりである。飛騨および越前(えちぜん)(福井県)、加賀(石川県)の白山麓(ろく)の幕領と美濃(岐阜県南部)の一部の幕領を含めて10万石の領地を支配し、地方(じかた)と公事方(くじかた)に分かれた事務を統轄し民政をつかさどった。1777年(安永6)に専任の布衣(ほい)郡代が発令され、以後90年間に14代の郡代交替があって明治に至った。[浅井潤子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

飛騨郡代の関連キーワード岐阜[県]高山陣屋加藤素毛江戸時代江戸幕府飛騨国館柳湾

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飛騨郡代の関連情報