コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食邑[中国] しょくゆう[ちゅうごく]shi-yi; shih-i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

食邑[中国]
しょくゆう[ちゅうごく]
shi-yi; shih-i

中国で功のあった臣下に与えられた領地。秦・漢時代から封爵に伴って采邑 (さいゆう。領地) が与えられる場合があり,采邑内の租税を徴収することができた。しかし前2世紀以後,采邑に対する支配権はほとんど奪われ,封爵も合せて名義的に栄誉として与えられることが多く,唐代まで続いた。宋に入って要職を占める官吏に実封が与えられるようになり,元では大食邑を領する王侯も現れたが,行政的支配権は認められなかった。明・清では封禄制度に代った。食邑は爵封と同様,相続ができた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android