コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 ショク

2件 の用語解説(飾の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しょく【飾】[漢字項目]

常用漢字] [音]ショク(漢) [訓]かざる
かざる。かざり。「虚飾修飾装飾服飾粉飾文飾
髪かざり。髪。「復飾落飾
[補説]「餝」は異体字。
[名のり]あきら・よし

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かざり

(かざり)とも書く。金属工芸の一分業で、針金を編んで鎖をつくったり、銅や銀板を透かしたり、折り曲げたり、文様を彫刻したり、鑞(ろう)付けしたり、鍍金(めっき)したりする細工技術。簪(かんざし)、笄(こうがい)、釘隠(くぎかくし)、襖(ふすま)引手や、箪笥(たんす)・長持(ながもち)・神輿(みこし)の金具など、細かな小品や雑金具はおもにこの飾の技術によってつくられている。また城や社寺の建築用の大金物はとくに家形飾(やかたかざり)とよばれている。その工人は飾師、飾職あるいは飾屋などとも称している。古墳時代の耳飾、冠なども技術面からは飾の仕事に属し、その歴史は古いが、飾師の名は、奈良・西大寺蔵、応永(おうえい)21年(1414)紀の金銅舎利塔(しゃりとう)(伊勢(いせ)舎利塔)に錺屋宮内太夫、善徳、国頼、重頼とあるのや、同じく西大寺蔵の金銅透彫灯籠(すかしぼりとうろう)形舎利塔の文明(ぶんめい)3年(1471)紀修理銘に「錺師 円阿弥(えんあみ)」とみえるのが古い例である。江戸時代には飾の仕事は独立して行われ、1702年(元禄15)刊の『萬(よろず)買物調方記』には京、大坂、江戸の飾師の名が記されている。[原田一敏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飾の関連キーワード

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

飾の関連情報