コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香月泰男 かづき やすお

6件 の用語解説(香月泰男の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

香月泰男

洋画家。山口県生。東美校卒。藤島武二に師事。方解末と炭による独自のマティエールを追求し、香月芸術を確立していった。シベリア抑留中の体験をモチーフとした「シベリアシリーズ」の連作で知られる。新文展特選。国画会特選。国画会同人。西日本文化賞・新潮社日本芸術大賞受賞。勲三等瑞宝章受章。昭和49年(1974)歿、63才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かづき‐やすお〔‐やすを〕【香月泰男】

[1911~1974]洋画家。山口の生まれ。東京美術学校卒。藤島武二に師事。シベリア抑留後帰国、「埋葬」に始まる連作を制作。他の作品に「黒い太陽」など。画集に「画集シベリヤ」がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

香月泰男【かずきやすお】

画家。山口県生れ。東京美術学校卒。在学中の1934年国画会入選。1945年―1947年シベリア抑留。帰国後の1948年に代表作《シベリア・シリーズ》の第1作を発表。
→関連項目上野の森美術館戦争画山口県立美術館

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香月泰男 かづき-やすお

1911-1974 昭和時代の洋画家。
明治44年10月25日生まれ。藤島武二に師事。昭和9年国画会展に初入選,15年同人となる。また14年新文展で「兎」が特選。シベリア抑留ののち22年帰国。サンパウロ-ビエンナーレ展,カーネギー国際美術展などに出品。昭和49年3月8日死去。62歳。山口県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。画集に「画集シベリヤ」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

かづきやすお【香月泰男】

1911~1974) 洋画家。山口県生まれ。東京美術学校卒。シベリア抑留の体験をモチーフに、薄黄色と豊かな墨色とのコントラストを基調とした連作を発表。作「埋葬」「黒い太陽」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

香月泰男
かづきやすお
(1911―1974)

洋画家。山口県生まれ。1931年(昭和6)東京美術学校油画科に入学、藤島武二(たけじ)に学ぶ。39年文展で特選、国画会で国画奨励賞、翌年佐分(さぶり)賞を受け国画会同人となる。43年応召し、シベリア抑留ののち47年(昭和22)帰郷。国画会展に毎年出品のほか、サンパウロ・ビエンナーレ展、カーネギー国際美術展にも出品。69年シベリヤ・シリーズに対して新潮文芸振興会の第1回日本芸術大賞が贈られた。山口県立美術館に香月泰男展示室がある。[小倉忠夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

香月泰男の関連キーワード黒田重太郎高間惣七辻永油谷達有馬三斗枝今井憲一大森商二佐川敏子三上知治横地康国

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香月泰男の関連情報