高野口(読み)こうやぐち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高野口
こうやぐち

和歌山県北東部,橋本市西部の旧町域。和泉山脈南斜面から紀ノ川中流北岸に位置する。1910年町制施行。1955年信太村,応其村,2006年橋本市とそれぞれ合体。中心集落の名倉高野山参詣路に位置し,古くから紀ノ川対岸の慈尊院(→女人高野)と相対する渡津宿場町として,南海電気鉄道高野線の開通まで繁栄した。農林業のほか,パイル,シールなどの織物工業が発達し,なかでもシールメリヤスは特産品。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうやぐち〔カウヤぐち〕【高野口】

和歌山県橋本市の地名。旧町名。紀ノ川に臨み、高野山参詣の登山口として栄えた。平成18年(2006)3月、橋本市と合併

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高野口
こうやぐち

和歌山県北東部、伊都(いと)郡にあった旧町名(高野口町(ちょう))。現在は橋本市の西部を占める地域。旧高野口町は、1910年(明治43)名倉村が町制施行して成立。1955年(昭和30)応其(おうご)、信太(しのだ)の2村を合併。2006年(平成18)橋本市に合併。高野山参詣(さんけい)の登山口にあたり、旧町名の由来となる。紀ノ川の北岸、和泉(いずみ)山脈南麓(なんろく)にある。JR和歌山線、国道24号が通じる。大和(やまと)街道(国道24号)と高野街道が交差し、高野街道が対岸の九度山(くどやま)町慈尊院(じそんいん)に至る渡津宿場であった。カキなどの果樹栽培を中心とした農林業が主で、川上木綿の伝統を継ぐ特殊織物(モケット、ベロアなど)を特産する。江戸時代中期につくられた小田井堰(せき)がある。[小池洋一]
『『高野口町誌』2冊(1968・高野口町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高野口の関連情報