コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高野口 こうやぐち

3件 の用語解説(高野口の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高野口
こうやぐち

和歌山県北東部,橋本市西部の旧町域。和泉山脈南斜面から紀ノ川中流北岸に位置する。1910年町制施行。1955年信太村,応其村,2006年橋本市とそれぞれ合体。中心集落の名倉は高野山参詣路に位置し,古くから紀ノ川対岸の慈尊院(→女人高野)と相対する渡津宿場町として,南海電気鉄道高野線の開通まで繁栄した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうやぐち〔カウヤぐち〕【高野口】

和歌山県橋本市の地名。旧町名。紀ノ川に臨み、高野山参詣の登山口として栄えた。平成18年(2006)3月、橋本市と合併。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高野口
こうやぐち

和歌山県北東部、伊都(いと)郡にあった旧町名(高野口町(ちょう))。現在は橋本市の西部を占める地域。旧高野口町は、1910年(明治43)名倉村が町制施行して成立。1955年(昭和30)応其(おうご)、信太(しのだ)の2村を合併。2006年(平成18)橋本市に合併。高野山参詣(さんけい)の登山口にあたり、旧町名の由来となる。紀ノ川の北岸、和泉(いずみ)山脈南麓(なんろく)にある。JR和歌山線、国道24号が通じる。大和(やまと)街道(国道24号)と高野街道が交差し、高野街道が対岸の九度山(くどやま)町慈尊院(じそんいん)に至る渡津宿場であった。カキなどの果樹栽培を中心とした農林業が主で、川上木綿の伝統を継ぐ特殊織物(モケット、ベロアなど)を特産する。江戸時代中期につくられた小田井堰(せき)がある。[小池洋一]
『『高野口町誌』2冊(1968・高野口町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高野口の関連キーワード和歌山県橋本市紀見和歌山県橋本市清水和歌山県橋本市妻和歌山県橋本市出塔和歌山県橋本市西畑和歌山県橋本市野和歌山県橋本市橋本和歌山県橋本市細川和歌山県橋本市山田和歌山県橋本市吉原

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高野口の関連情報