コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魚眼レンズ(読み)ぎょがんレンズ(英語表記)fisheye lens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

魚眼レンズ
ぎょがんレンズ
fisheye lens

特殊レンズの一種。標準レンズ画角が 40~60°なのに対し,180°の画角をもつ。普通のレンズと異なり,対象が大きく歪曲して見える。「魚眼」の名は,魚の眼が広い角度内の物体を見ることが可能なことに由来。全天撮影や雲量を測定したり,迫力のある画面をつくるための撮影などに使用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

魚眼レンズ【ぎょがんレンズ】

180°またはそれ以上の視野をもつ特殊な広角レンズ。半球の視野が平面上に写るので,像はレンズ面の反射像のようにゆがむ。全天の雲量や方位角の測定など特殊撮影に,また特別な効果をねらった一般撮影にも利用される。
→関連項目全天カメラ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぎょがんレンズ【魚眼レンズ】

写角が180度以上で、半円周視界を写せるように設計された特殊レンズ。魚が水を通して外を見るとき、広い視界を見ることができるはずだということからこの名がある。全天レンズ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の魚眼レンズの言及

【カメラ】より

…光路は三重に折りたたまれることになり,本来の焦点距離に比べるとレンズの全長を非常に短くできる。(7)魚眼レンズfisheye lens 画角180度,あるいはそれ以上の被写体の広がりを,フィルムの画面サイズ内に写し込むため,意図的に大きな樽型の歪曲収差をもたせてある。通常,フィルム上一定の半径の円内を画面にとるものが一般であるが,普通レンズと同じように,矩形のフィルムサイズいっぱいに写し込むものもあり,これは対角線魚眼レンズと呼ばれる。…

※「魚眼レンズ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

魚眼レンズの関連情報