コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叩き/敲き タタキ

デジタル大辞泉の解説

たたき【×叩き/×敲き】

打つこと。また、その人。「太鼓―」
(「三和土」とも書く)叩き土石灰や水をまぜて練ったものを塗り、たたき固めて仕上げた土間。のちにはコンクリートで固めた土間。「玄関の―」
カツオをおろして表面を火であぶり、そのまま、あるいは手や包丁の腹でたたいて身を締めてから刺し身状に切ったもの。薬味や調味料を添える。土佐作り
たたきなます」の略。
生の魚肉・獣肉などを包丁の刃でたたいて細かくした料理。「アジの―」
石の表面をたたいてならし細かい槌(つち)のあとを残す仕上げ方。石工(いしく)の語。
俗に、強盗のこと。「―に入る」
徹底的に批判すること。また、厳しく仕込んだり、攻撃したりすること。「外資―」「新弟子―」
江戸時代の刑罰の一。罪人の肩・背・尻をむちで打つもの。重敲き(100打)と軽敲き(50打)があった。
10 江戸時代、正月や祭礼などに手拍子をとり、早口に文句を唱えながら門付けをした芸人。たたきのよじろう。よじろう。
11 義太夫節の曲節の一。9の唱えごとの節を取り入れたもの。
12 落語講釈で、前座を務める者。

はたき【×叩き】

はたくこと。
室内や器物のほこりを払う道具。細長い布切れ・羽毛などを束ねて柄につけたもの。「叩きをかける」
叩(はた)き込み」の略。
失敗。しくじり。
「今までの―を取り返し、此度はしっかり極まりであらう」〈黄・本の能見世物

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

防府市歴史用語集の解説

叩き

 荒物[あらもの]は延べ作りといい、まず壷[つぼ]の底を作り、ひも状にした粘土で作り上げていきます。各層が密着しにくいため、生乾きの時に壷の内面に板をあて、外面から板で叩き固めます。このため、荒物を作ることを叩きといいます。 

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

たたき【叩き】

①料理で、包丁の刃で魚や肉をたたくこと。また、その料理。あじのたたきなど。
②かつおや牛肉などの表面を焼き、刺身のように切って二杯酢ポン酢しょうゆなどのたれをかけ、味をなじませて薬味とともに食べる料理。◇包丁の腹などでたたくようにして味をなじませることからこの名があるともいわれるが、定かでない。かつおのたたきは「土佐作り」ともいう。

出典|講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

たたき【叩き】

〔動詞「たたく(叩)」の連用形から〕
魚鳥の肉や獣肉などを包丁でたたくこと。また、そうして作った料理。 「アジの-」
カツオの表面を火で焙あぶり刺身にし、ニンニク・ショウガなどの薬味と二杯酢をかけ、手や包丁でたたいたもの。高知県の名物料理。土佐作り。
〘建〙 石材の表面をたたき、細かな痕あとを残す仕上げ方。
門付かどづけ芸の一。江戸時代、京都悲田院内に住む非人頭の与二(次)郎の配下が、正月・彼岸・祭礼の折などに扇子で拍子をとり口早に祝言を述べ立てて家々を回ったもの。
義太夫・浄瑠璃などの曲節。の拍子を移したものという。
強盗、また恐喝をいう隠語。

はたき【叩き】

はたくこと。
長い柄の先に束ねた布や羽根を付けた掃除用具。障子の桟や器物などのほこりを払うのに用いる。 「 -をかける」
失敗。損失。 「わしが-がまだあるわい/滑稽本・浮世床
「叩き込み」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の叩き/敲きの言及

【たたき(三和土)】より

…江戸時代に三河(三州たたきといわれる)や西日本で,住宅の土間や軒下の舗装として使用され,一般化した。モルタル(砂にセメントと水を加えて練った硬化材)の普及とともに用いられなくなったが,モルタル金鏝(かなごて)仕上げの床を〈叩き(たたき)〉と呼ぶこともある。【鈴木 充】。…

※「叩き/敲き」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報