コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細倉鉱山(読み)ほそくらこうざん

百科事典マイペディアの解説

細倉鉱山【ほそくらこうざん】

宮城県鶯沢町(現・栗原市),栗駒山南東麓にあった鉛・亜鉛鉱山。大同年間(806年―810年)の発見という伝承があり,江戸期には仙台藩の銀・鉛鉱山として繁栄。鉱脈は180を超え,1934年三菱鉱業の所有となってからは,年間の採掘量1800万t,生産鉱石は鉛25万t,亜鉛72万tに及ぶ日本有数の鉱山であった。製錬の副産物は銀,ビスマス,アンチモン,カドミウムなど。しかし昭和40年代の後半に入ると次第に衰退,経営も変わり,1987年には閉山した。なお1969年厚生省の調査でカドミウムによる汚染米が発見され,鉱滓の除去が進められた。閉山後,廃坑を観光資源として再活用した町営観光坑道(777m)細倉マインパークが1990年に開業した。
→関連項目鶯沢[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

細倉鉱山

宮城県栗原郡鶯沢町(現・栗原市)にあった鉱山。金、銀、鉛、亜鉛などを産出。1987年閉山。国の近代化産業遺産に認定されており、現在は坑道跡を観光施設として公開している。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ほそくらこうざん【細倉鉱山】

宮城県栗原郡鶯沢(うぐいすざわ)町にある鉛・亜鉛鉱山。1987年2月に閉山。9世紀の大同または貞観年間の発見と称されるが,江戸時代には仙台藩の所有となり,33ヵ所に分割されて採掘が行われた。第三紀中新世の緑色凝灰岩変朽安山岩および流紋岩から成る母岩中に,多数の浅熱水性割目充てん鉱床が知られている。最大脈幅10mに達する部分もあるが,大部分は2m程度以下であるため,大規模な採掘方法がとりにくく,シュリンケージ法,充てん採掘法,一部で中段採掘法などにより,主として方鉛鉱,セン亜鉛鉱,黄鉄鉱から成る鉱石を採掘し,山もとの製錬所へ送っていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

細倉鉱山
ほそくらこうざん

宮城県北西部、栗原(くりはら)市鶯沢(うぐいすざわ)にある鉛・亜鉛鉱山。栗駒山(くりこまやま)南東麓(ろく)に位置する。採掘の開始は天正(てんしょう)年間(1573~1592)からで、近世には仙台藩が開発、経営し、最初は銀を採掘したが、その後鉛の生産が増加した。元禄(げんろく)期(1688~1704)には銀・銅製錬の材料としての鉛の需要が増え、鉱山は隆盛期を迎えた。仙台藩では運上をとって山師経営を許可し、鉛の地金を買い上げて問屋に払い下げていた。明治以降は近代的経営により1895年(明治28)には鉛の年間生産額は全国一となった。その後、亜鉛需要の増加により好況を迎えた。共立鉱業、三菱(みつびし)鉱業と経営体は変化し、昭和30年代のピーク以後産出量は減少。1987年(昭和62)閉山した。現在は鉱山跡を利用した観光施設細倉マインパークとなっている。[後藤雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の細倉鉱山の言及

【鶯沢[町]】より

…町は二迫川沿岸の水田農村である鶯沢地区と,鉱山集落を主とする細倉地区に分かれる。細倉鉱山は江戸時代に仙台藩により開発が進められ,1934年以降は三菱鉱業によって鉛,亜鉛や硫化鉱の採掘,精錬が行われてきた。最盛時は3000人をこす従業者を擁したが,70年代中ごろから合理化,生産縮小され,87年閉山した。…

※「細倉鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

細倉鉱山の関連情報